藤田ニコル“殺害予告”対応に冷めた声「あなたには同情できない」

藤田ニコル“殺害予告”対応に冷めた声「あなたには同情できない」

藤田ニコル“殺害予告”対応に冷めた声「あなたには同情できない」の画像

モデルの藤田ニコルが7月14日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、過去にネット上で脅迫被害を受けたことを明かした。



番組ではこの日、2016年にフリーランスのシンガーソングライター女性がファンに刺された事件を取り上げ、女性が何度も警視庁に被害を相談していたにもかかわらず、警視庁が警告などの対応を怠ったとして、約7600万円の損害賠償を求めていることを報じた。


事件についてコメントを求められた藤田は「ネットで『殺すぞ』みたいなのが来たときに、家から出るのも仕事の現場でも怖いので、警察に行ったんですよ」と告白。続けて「自分に何かあってからじゃないと動けないんだったら、結果的に時間の無駄だった。(警察に)行く意味なかったなって思っちゃいました」と自身のストーカー被害を明らかにした。


これに対し、ネット上では、


《何もなくて本当によかったよね》

《芸能人は狙われやすいんだろうな。気をつけてほしい》

《本当にしょーもないやつ多いんだな。有名人は大変だと思う》


など、藤田を心配する声が上がったが、一方で、


《お前がいつも炎上発言してるからだろ。コメント考えろ》

《こいつに関してはいまいち同情できないんだよなぁ》

《何も考えてないからな。そりゃ、アンチも寄ってくるだろ》


など、厳しい意見も殺到している。


「藤田は歯に衣着せぬ発言で若者を中心に人気を集めていますが、その赤裸々発言から、過去に何度となく炎上を招いています。昨年末には新元号の話に対して『平成でしょ今。何だろな…。漢字、全然分かんないからな。微博でいいんじゃないですか? 2文字だし。面白いと思う』と発言し、あまりにも良識がないと大ブーイングを浴びました。ネット上では『頭空っぽの究極のバカ』と散々でしたね。本人は中国のウェブサイトweibo(微博)のイベントだったことから、サービス心でコメントしたのでしょうが、さすがに常識外れにもほどがあり、呆れた人も多かったでしょう」(芸能記者)



煽り耐性がない奴はSNSやめとけ

一方、タレントの梅宮アンナは自分に対して批判的なSNSユーザーをブロック≠オたことを明かしている。梅宮は自身のインスタグラムで《おかしな人から長〜い長〜いネガティブなコメントがあって。。100トンくらいするんじゃないかの重〜いネガティブコメント。。すごーく一方的でさ。。(中略)人を勝手に決めつける嫌なタイプ。自分の価値観に合わない奴は、悪なんでしょうね。とりあえず、追放しました。みなさんが、いいことを書いてくれている場所に同じくは、置いてはおけませんから。。毎日、毎日、人のアラを探しては、コメント欄にネガティブなことを書いている人。。私には、ない感覚です」とコメント。














View this post on Instagram



















パッキングの前に? ひとつ前の投稿に、おかしな人から長〜い長〜いネガティブなコメントがあって。。100トンくらいするんじゃないかの重〜いネガティブコメント。。凄ーく一方的でさ。。 うっすら、斜め読みしたから大体は、読んだ。。 ハッキリ言わせてもらうけど、 私が一番嫌いなタイプなんだよね。。私のsnsに、ズカズカ入り込んで、文句を言う。。 価値観違う事に対して、 貴方は、ズレてるだなんだと言っていました。。 なにやら、ずっと私を見ていたみたいです。。ズラズラと、いちいち批判していました。 気に入らないのは、いい。 だけど、気に入らないからと言って文句を書き込むのはやめて頂きたい。この場所は、私を理解する人の集まりだし。。 色々な、経験や、感じた事をプラスに持っていく場所なんだよね。 せっかく、みんなで、明るくする場所に、おかしな人で、台無しになるのは、ごめんです。 タダで人の世界を除いて、文句をダラダラ書く人。本当に嫌い。。 すっごく長いコメントだった。 恐ろしい程に。。 凄い事に、時間を使っている人だった。。もっと違う事に時間を使えばいいのにね。。自分が嫌いなんでしょうね。何でも人のせいにして生きている人。自分が何を吐き出しているのか?考えた事もないのだろう。無責任よね。 人に対しても自分にも。。人も、自分も大事にしない人でした。 私嫌いなんです。。自分を大事にしない人って。。 自分の価値観と似た人を追えばいいのに。。 私が、モモカといる時間が長いって話に対して、言ってきたことばは、 普通はいるよ!だって。私は、質の話をしているわけで。。本当に、読解力、思慮深さ、想像力が、乏しとああなるわけ。。 一般人の気持ち知らない呼ばわりされまして。。いやいや、意外に私知ってるんだよね。。私が、思うに。 私の事。なーんにも知らないわけ。。その人こそ、色んなこと知らないのに。。 人を勝手に決めつける嫌なタイプ。 自分の価値観に合わない奴は、悪なんでしょうね。 とりあえず、追放しました。 みなさんが、いい事を書いてくれている場所に同じくは、置いてはおけませんから。。 毎日、毎日、人のアラを探しては、コメント欄にネガティブな事を書いている人。。 私には、ない感覚です。。 パッキングの前にどーしても報告したかったので。。。 ???


A post shared by Anna Umemiya (@annaumemiya) on Jul 1, 2019 at 10:31am PDT




ネット上では賛同の声も上がったが、「その程度で頭に来るやつはSNSに向いてない」と、きっぱり切り捨てられていた。


「タレントのSNSにはアンチはつきものです。むしろ、褒め言葉だけのコメントなんてありえません。対処法はスルー≠キるのが一番です。相手をブロックしたり、コメントを削除すると相手もエキサイトするので、さらなる揉め事に発展しやすいため、実は逆効果なんです」(ITジャーナリスト)


芸能人のSNS上の発言は多くの人の目に触れるだけに、慎重さが求められる。気を付けてほしいものだ。



関連記事(外部サイト)