手越祐也と柏木由紀“禁断の共演”で顔面硬直?「不自然すぎて笑う」

手越祐也と柏木由紀“禁断の共演”で顔面硬直?「不自然すぎて笑う」

画/彩賀ゆう

7月13日に放送された大型音楽特番『音楽の日』(TBS系)内にて、『NEWS』手越祐也と『AKB48』柏木由紀が同じ画面に映り、一部視聴者がざわついてしまった。



二部構成による12時間以上の生放送で、様々なアーティストが自身の楽曲を披露していった同番組。一部のエンディングには、出演アーティスト62名にTBS各番組の出演者58名を合わせた計120名が、後番組『新・情報7daysニュースキャスター』司会を務めるビートたけしの指揮で、中島みゆきの名曲『時代』を合唱するパフォーマンスが披露された。


各番組は別個のスタジオから合唱に参加したものの、この日の出演アーティストは一堂に会し、エンディングを飾るにふさわしい圧巻の図で「時代」が歌われることに。しかし、同じ場所に集められたことで因縁の組み合わせ≠熹ュ生してしまい、2015年に週刊誌でハグ写真がリークされた手越と柏木が同じ画面に映り込んだ。



「こんなに絵に描いたように分かりやすく緊張してる人なかなかいない」

『KinKi Kids』や『T.M.Revolution』と並んで前列に立つ手越に対し、大所帯グループの柏木は2列ほど後ろのひな壇に。これは、どうしても手越が視界に入る位置な上、同じアングルで捉えられることが避けられない残酷なポジショニングとなっていた。


こうした点に動揺したのか、柏木は背筋を伸ばしたまま直立不動となり、目を見開いた真顔で固まる場面も。表情や姿勢は終始固いままで、ネット上には


《柏木が手越意識しすぎてて不自然すぎて笑うw》

《必死に手越の方を見ないようにしてる》

《意識しちゃうからカチコチじゃないか。もっとリラックスしろよ》

《これ何気に奇跡の1枚だよな。これだけ大人数の中で一人だけ圧倒的に不自然な顔してる人間がいるって》

《周りのメンバーも気不味いわな》

《こんなに絵に描いたように分かりやすく緊張してる人なかなかいない》


などと次々に冷やかしが上がっていった。


4年前の出来事とはいえ、当時から一貫して黙殺していることで未だ風化しない2人のスキャンダル。いつか真相について語られる日は来るのだろうか。



関連記事(外部サイト)