ロンブー田村亮が相方・淳に“真相を隠し続けた”感動の理由!

ロンブー田村亮が相方・淳に“真相を隠し続けた”感動の理由!

ロンブー田村亮が相方・淳に“真相を隠し続けた”感動の理由!の画像

7月20日、詐欺グループ相手の闇営業問題で『吉本興業』から契約解除された『雨上がり決死隊』の宮迫博之と、謹慎処分となっていた『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮が自主的に謝罪会見を行った。



「謝罪会見というよりは、吉本のパワハラを告発するような内容になりましたね。テレビでも闇営業問題の真相よりも、吉本の体制について多くの時間が割かれ、議論が交わされています」(芸能記者)


「謝罪会見をしたい」という芸人らの訴えをはねのけていたと告発された吉本興業。宮迫と亮が涙ながらに被害者に謝罪し、自分の過ちを恥じ、同僚たちに詫びたことに、多くの同情が集まっている。一方で、彼らに一番近しい相方≠ナすら、急きょの会見や裏事情を知らなかったらしく、一部では「なぜ相方にすら何も言わなかったの?」と疑問の声が上がることになった。



淳には迷惑をかけられない

亮の相方・田村淳は、謝罪会見の直前に敢行を告げられ、「正直に話すのは同意するけど、相方ですし、先に話してほしかった。寝耳に水で困惑している」と明かしていた。


「これは決して淳をないがしろにしたのではなく、淳を守るための行動です。亮は岡本昭彦社長から『(謝罪会見)やってもいいけど、(今回の件に関わっている芸人)全員連帯責任でクビにする』と脅され、身動きができなくなっていました。この経緯を淳に報告してしまえば、正義感が強く、社会問題などにも割と詳しい淳なら、必ず首をツッコむはず。そうすると、淳まで社長のターゲットになってしまう。そのため、亮は淳から『昔の正直者で真っ直ぐなところがなくなったらもう亮じゃない!』と叱責されても、内情をギリギリまで隠し、すべての言葉を黙って受け止めていたのでしょう」(同・記者)


2011年、亮は『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で飲み会の様子を隠し撮りされた際、淳について「先のことを考えて今やるべきことを冷静に判断できる。ホンマに偉いと思う」「本当に、ありがたい」と裏でも一切悪口など言わず、感謝の言葉しか出ていなかった。


今回の件で、あらためて『ロンドンブーツ1号2号』の絆と関係性があらわになった。もし淳が将来、ウワサされているように政界に進出するなら、亮が第一秘書として奔走する姿が目に浮かぶようだ。



関連記事(外部サイト)