「ラスボス感がハンパない…」アンミカの“巨大ドレス姿”にツッコミ続出

「ラスボス感がハンパない…」アンミカの“巨大ドレス姿”にツッコミ続出

「ラスボス感がハンパない…」アンミカの“巨大ドレス姿”にツッコミ続出の画像

モデルでタレントのアンミカが7月24日、大阪で開催されたデザイナー・桂由美氏のブライダルファッションショーに出演。ゴージャスなドレスで圧巻のランウェイをしたアンミカに称賛の声が上がる中、ネット上ではあまりの華やかさ≠ノ「ラスボス感」「ディズニーの悪役にいそう」と爆笑の声が渦巻いた。



ブライダルドレス界の巨匠・桂由美氏によるファッションショー『Chinematic Love Story』にゲスト出演したアンミカは、身体のラインが分かる、肩から足元までにわたってボリューム感のあるレースが付属しているきらびやかなドレスを着用。桂氏と本格的に仕事で組むのは初めてだと明かし、今回のオファーについては「47歳でウエディングドレスを再び着ることを光栄に思う」と喜び、「二つ返事ではなく四つ返事でお受けしました」などジョークを交えつつ応えた。


イベント後、アンミカは自身のインスタグラムを更新し、《【KATSURA YUMI Collection 2019】第1部が終わりました》と報告。さらに、アンミカがパリコレモデルを発掘・育成していくバラエティー番組『林先生の初耳学』(TBS系)内の企画「アンミカ先生が教えるパリコレ学」の初代生徒でモデルの小田鈴音とのツーショットも掲載。《一緒にお仕事ができて、先生はうれしい》《鈴音ちゃんと同じ舞台に立てて私も感無量でした! お母さんの気分です! 笑!》などと、先生≠超え母≠ニして褒めの言葉を贈っている。














View this post on Instagram



















47歳にして、娘のような17歳のパリコレ学一期生・小田鈴音ちゃんと同じコレクションに出ることが出来て、先生は感無量でした?? クラシックカーが並ぶ、美しいG -LION ミュージアムにて?? 。 #パリコレ学でパリでは今腰に手を当てないとザックが言ってましたがそれはシルエットが崩れるリアルクローズのこと #ドレスはシルエットがわかるように腰にで当てるものがほとんど #鈴音ちゃんの活躍を願っています @suzune_1023 @yumikatsurajapan


A post shared by Mika Ahn (@ahnmikaofficial) on Jul 24, 2019 at 6:04pm PDT





これは紅白の大トリ

アンミカの投稿に、ファンからは、


《美し過ぎてため息しか出ません》

《アンミカさんが一番キレイで素敵〜》

《美しい 感動的な美しさです》


などと称賛のコメントが多く寄せられている。


しかし、ネット掲示板では、ボリューム感のある華やかなドレス≠華やかな顔≠フアンミカが着用したことで、


《ラスボス感がハンパない》

《ウエディングドレスってより 小林幸子みたい》

《大階段から降りてきそう 貫禄》

《ディズニーの悪役にいそう》

《歌謡ショーが始まる予感》


などとツッコミの声が。どうやら、ウエディングドレスではなく、歌謡界の大スター・美空ひばりのような派手な印象を受けたようだ。


2012年にはカバーアルバムをリリースしている歌うま≠ネアンミカ。歌手としてのオーラが自ずとあふれてしまったのかもしれない。



【画像】


Mark Nazh / Shutterstock


関連記事(外部サイト)