元AKB・島崎遥香が徳光和夫に要求した“お年玉の額”にドン引き!

元AKB・島崎遥香が徳光和夫に要求した“お年玉の額”にドン引き!

元AKB・島崎遥香が徳光和夫に要求した“お年玉の額”にドン引き!の画像

『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)の7月28日放送回で、女優の島崎遥香がフリーアナウンサーの徳光和夫と対面した。過去の「失言」を互いに謝り合ったが、顔を合わせた島崎は徳光に歯に衣着せぬ物言いを連発。これを「失礼」と批判する声も寄せられている。



この日の番組は、ゲスト出演した芸能人が気まずく思っている芸能人の名を明かし、スタジオで対面する企画。元『AKB48』の島崎は、2013年のAKB総選挙で司会を務めた徳光の質問をスルー≠オたとして、当時、大きな話題となった。徳光は島崎の言動に激怒したというが、その後、徳光の番組にゲスト出演して和解したそう。その際、徳光が「来年の正月にお年玉をあげる」と誘うと、島崎は「10万円ほしい」とせがんだという。



「お年玉はいくらほしい?」の問いに「10万円」と即答

スタジオに現れた島崎と徳光は、総選挙での出来事を互いに謝った。徳光のイメージを問われると、島崎は「メロンパンが好きなおじいちゃんのイメージ」と評して周囲を苦笑いさせた。徳光は共演後、まだお年玉を渡せていないことを申し訳なく思ったのか、「今度、お年玉あげるね」と話し掛け、MCの後藤輝基が「お年玉、いくらほしい?」と問い掛けると島崎は「10万円」と即答。


さらに「家賃に使う」と使い道を明かすと、後藤や東野幸治から「それはよくない」「愛人契約だ」とツッコまれる。そして「一緒に食事してはどうか」と提案を受けた島崎は、「それはちょっと…」と、変わらぬ塩対応≠見せた。


視聴者は過去の失態を謝りながらも、徳光にお金をせがむ島崎の行動に批判を寄せた。


《図々しいな。散々塩対応しといて順位が気に入らないとかコメントも言うことないとか徳光にお年玉なら10万円欲しいとかどんだけだよ…》

《お年玉10万て… 最低最悪 汗水流して働け》

《ぱるる態度悪過ぎて大っ嫌いなんだよね》

《これは同性から嫌われるタイプだろうね…》


グループ卒業後、明るい性格を見せつけキャラ変≠アピールする島崎。久しぶりの塩対応は不発に終わったようだ。



関連記事(外部サイト)