岡田結実が主張する“結婚の条件”にドン引き…「まるでストーカー」

岡田結実が主張する“結婚の条件”にドン引き…「まるでストーカー」

岡田結実が主張する“結婚の条件”にドン引き…「まるでストーカー」の画像

女優の岡田結実が結婚相手に求める条件≠明かした。主夫を容認する姿勢を示した岡田には、男性視聴者から「結婚したい」と大きな反響が寄せられた一方で、岡田が示した結婚の条件≠ノは「束縛が過ぎる」などと嫌悪感を示す声が漏れた。



岡田は7月30日の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。「私が間違っていますかとみんなに言いたいこと」をテーマにトークを披露した。「主夫になってほしいんですよ」と切り出した岡田は、「家にいて、家事を全部やってくれる(人がいい)」「(私が)死にものぐるいで稼いでくるから…」と、仕事は岡田、家事は夫で分担したいとした。


それでも夫が働きたい場合は「家でできる仕事をしてほしい」とし、「結構リアルなお願いで、それが絶対条件」とした。



「GPS機能を付けるのが結婚の絶対条件」

さらに、現在はGPS機能を送り合い、友人同士の位置が分かるアプリがあるとし、「旦那にも絶対入れてほしい」と希望した。出川哲朗は「絶対嫌だ」、『野性爆弾』のくっきーは「それは最低や」と否定したが、岡田は「安心感っていうか…」と、常につながっていることが心の安定につながると主張。現在流通しているアプリでは、滞在している店の名前や、店への滞在時間も記録されていると明かすと、共演者からは驚きの声が漏れた。


岡田が「夫には『主夫』でいてほしい」と発言したことに男性視聴者は歓喜。「結婚してほしい」との声が続出した。


《結婚相手に主夫になってほしいってマジ? 何かの間違いで俺のこと好きにならんかな》

《女の人がバリバリ稼いで家に男の人がいても、『ヒモ』って言われない時代になったんだなぁ》


一方、常に位置情報を共有したいとの岡田の結婚の条件≠ノは否定的な声も寄せられた。


《夫にもGPS付けてほしいとかいう話あったけど、やってることストーカーと全く同じじゃね?》

《GPSで監視…ありえんわ それを当たり前のように言うとか怖いね》

《そんなのあり?! 同年代の男性はそれでも平気なのだろうか》


束縛が強い夫婦関係も考えものであろう。



関連記事(外部サイト)