『偽装不倫』第5話“無限ループ”の激ノロ展開に怒り爆発「昭和かよ!」

『偽装不倫』第5話“無限ループ”の激ノロ展開に怒り爆発「昭和かよ!」

『偽装不倫』第5話“無限ループ”の激ノロ展開に怒り爆発「昭和かよ!」の画像

8月7日、杏主演のドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)第5話が放送された。ドラマが半分終わろうとしているが、一向に進まない展開に怒りの声が沸き上がっている。



32歳、独身、彼氏なしの派遣社員・鐘子(杏)が主人公。旅先で出会った年下のイケメン・伴野丈(宮沢氷魚)に出会い、とっさに既婚のフリをしたところから、まさかの恋がスタート。一方、鐘子の姉・葉子(仲間由紀恵)は、完璧な夫・賢治(谷原章介)がいるにもかかわらず、ピンク頭の年下イケメンボクサー・風太(瀬戸利樹)と本当の&s倫をしていた。


第5話で鐘子は、丈に自分の夫だとウソをついていた賢治との2ショットを見られてしまい、丈から距離を置かれることに。



絶望する鐘子だが、視聴者からは


《早く正直に言え》

《落ち込む前にまず、本当のことを話せや》

《何でこの状況になっても独身だと告白しないの。無理があり過ぎるだろ》


などとツッコミが続出。結局、このエピソードでは、いつものように¥燻qが、ウソをバラすかバラさないかの葛藤でほとんどの時間が使われた。



視聴者の総意「「「「「はよ嘘って言え」」」」」

そしてついに、鐘子は丈に偶然¥o会えたら、本当のことを話そうと決意。SNSなどいくらでも連絡を取るツールはあるのに、なぜか偶然¥o会うという超難関を自分に突きつける。


その後、あっさり丈に再会できた鐘子。しかし、丈に会ってもしばらく本当のことを言うのをためらい、そんなこんなで時間が経過するうち、丈が持病の悪化によって倒れてしまった。これで第5話は終わりである。



この何の進展もないエピソードに、ネット上では、


《視聴者の総意「「「「「はよ嘘って言え」」」」」》

《なぜLINEで言わない。そして、なぜもったいつける》

《もう直接言うのは諦めて手紙出せ。というかLINEしろ。何のためのスマホだよ》

《ためるなスっと言え! スっと》

《言おうとすると邪魔が入る。昭和の展開かよ!》


など呆れ声が続出した。


とはいえ、偽装不倫≠打ち明けたらドラマが終わってしまう。最終回までこれを引っ張り続けるのだろう。



関連記事(外部サイト)