『奥様は、取り扱い注意』西島秀俊の「怪しさ」に想起するのは…

『奥様は、取り扱い注意』西島秀俊の「怪しさ」に想起するのは…

『奥様は、取り扱い注意』西島秀俊の「怪しさ」に想起するのは…の画像

11月29日に連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の第9話が放送された。ドラマを見ていた視聴者のあいだでは、西島秀俊の行動が「怪しすぎる」と話題になっており、まるでアメリカのアクションコメディ映画のようだという。



第9話では、伊佐山勇輝(西島)の行動を怪しく思った妻の菜美(綾瀬はるか)が、かつて工作員をしていたときの仲間でハッカーの園田小雪(西尾まり)に、夫の身辺調査を依頼する。その後、小雪は菜美に「怪しいところはなかったよ。安心して普通の主婦生活を楽しみなよ」と電話で連絡した。


しかし、電話をしたときに小雪のそばには、なぜか鋭い目をした怖い表情をした勇輝の姿があった。また、会社にいる勇輝の姿が映し出されたシーンでは、「例の案件はどうなっていますか?」と部下らしい何者かに聞かれると勇輝は「順調にいっている」と表現をぼやかしながら答えるシーンもあった。


その後に勇輝は、家に仕掛けていた監視カメラに映る菜美の姿を、パソコンでチェックしていた。


そんな怪しげな行動をする勇輝を見て、視聴者のなかには、映画『Mr.&Mrs. スミス』を思い出した人も多かったようだ。


?


日本版の「Mr.&Mrs. スミス」か?

Mr.&Mrs. スミスは、暗殺者の男女が相手の正体を知らずに結婚するという物語だ。その後、ふたりが同じ標的を狙うことになり、互いの正体に気づいて戦うことになる。


このドラマも、設定上でMr.&Mrs. スミスに似たところがあり、ドラマを見ていた視聴者はインターネット上に、《西島さんの目がヤバかった》、《夫が妻の行動を監視している》、《Mr.&Mrs. スミスに似ている》、《だんだんMr.&Mrs.スミスみたいになってきた》、《本当にMr.&Mrs.スミスみたいな展開になるのか》、《まるで日本版のMr.&Mrs.じゃないかあ》、《綾瀬はるかと西島秀俊の殺陣が見れるのか》、《奥様より、今は旦那様注意だよ》などと投稿して、それぞれ今後のドラマの展開を推測していた。


西島は持ち前の演技力で主役以上の存在感を出し始めている。


?

関連記事(外部サイト)