最終話「奥様は、取り扱い注意」格闘シーンと困惑の結末

最終話「奥様は、取り扱い注意」格闘シーンと困惑の結末

(C)Shutterstock

12月6日に連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の最終話が放送された。ドラマを見ていた視聴者は、綾瀬はるかの強すぎるアクションシーンを批判し、「ラストシーンが変だった」と話題にしている。



最終話では、伊佐山菜美(綾瀬)が昔の仲間だった小雪(西尾まり)から、菜美の夫の勇輝(西島秀俊)が公安委員会の人間だったことを明かされた。その夜、真実を知るために、菜美は勇輝と“夫婦げんか”を繰り広げた。


そして、互いの愛を確認した勇輝は、「おれは絶対に、君のことを幸せにする自信がある」と告白する。しかし、元特殊工作員の菜美は、公安の監視下で一生暮らすことが受け入れられないと答える。


一方、菜美の主婦友達である大原優里(広末涼子)は、売春斡旋組織のリーダーの横溝健(玉山鉄二)の手下に怪我を負わされて入院する。優里から事情を聞いた菜美は、脅される証拠となる写真や情報のデータを横溝のオフィスから盗んだ。しかし、そのことで、逆に佐藤京子(本田翼)が人質にとられてしまった。


今回は、京子を助けるために、菜美が横溝の手下の数人と戦うシーンがあった。


その戦闘シーンを見ていた視聴者からは、数々の酷評がインターネット上へ投稿された。


《アクション祭り》

《平成の必殺仕事人か。強すぎ》

《強すぎてワロタ》

《敵が順番待ち。お行儀よく綾瀬にやられていく姿に笑えた》

《徒手から警棒・階段落ちなど演出満載》

《手下に戦わせて横溝は戦わないのかい》

《綾瀬強すぎってワードが強すぎて草》

《玉山鉄二とのアクションシーンがなく変な終わり方》


このように、違和感の多いアクションシーンだったようだ。


?


唐突なラストシーンに困惑する声も

そして、戦いを終えた菜美が帰宅すると、夫の勇輝が笑顔で「お帰り」と出迎えたが、次の瞬間「動くな」と銃を向けた。そして、一発の銃声が鳴り響いた。


このラストシーンに視聴者は《こんな終わりかたがあるの》、《結末がモヤモヤすぎ》、《衝撃すぎる》、《訳わからない》、《最後どうなったの》、《なんなのあれは》、《夫婦のスリルごっことか》、《なんとなく歯切れ悪い》、《ハッピーエンドで終わると思っていたのに》などとSNSなどへ投稿していた。


拙いアクションシーンと謎を残すラストシーンは視聴者を困惑させたようだ。


?


【画像】


(C)Cool_photo / Shutterstock

関連記事(外部サイト)