異論噴出「好きな男性アナ」桝太一アナ不在のなか1位は…

"好きな男性アナランキング"1位に羽島慎一が選ばれ異論も 桝太一アナは殿堂入り

記事まとめ

  • 桝太一アナ不在のなか『第13回 好きな男性アナウンサーランキング』1位は羽島慎一に
  • 羽鳥アナの1位に、インターネット上では異論が続出しているという
  • 「女性トラブルを起こした羽鳥アナが1位はあり得ない」など疑問視する声も

異論噴出「好きな男性アナ」桝太一アナ不在のなか1位は…

異論噴出「好きな男性アナ」桝太一アナ不在のなか1位は…

異論噴出「好きな男性アナ」桝太一アナ不在のなか1位は…の画像

12月8日に『ORICON NEWS』が『第13回 好きな男性アナウンサーランキング』を発表した。昨年は日本テレビ『ZIP!』の総合司会を務める桝太一アナが堂々の5連覇を達成して殿堂入りを果たしている。そのため、今年の1位は誰なのかに注目が集まったが、フリーアナウンサーの羽島慎一アナが3度目の1位を獲得し、相変わらずの高い人気度を示す形となった。



ところがインターネット上では、羽鳥アナの1位に異論が続出している。特に若い世代からは《世間の実態とかけ離れている》、《女性トラブルを起こした羽鳥アナが1位はあり得ない》など、結果を疑問視する投稿が広がっている。


「物腰の柔らかさなどから好感度の高い羽鳥アナですが、支持をしているのは主に30代以上の女性がほとんどです。10〜20代といった若い層からの人気はあまり高くありません。その一番の原因は、やはり過去に不倫問題を起こしているからでしょう。日テレの入社試験で知り合い結婚したという奥さんとはすでに離婚していますが、結婚期間中にふたりの女性と不倫関係にあったことを写真週刊誌に暴露され、世間を騒がせました。最近では“不倫=悪”というイメージが強い風潮がありますから、羽鳥アナに対して嫌悪感を持つ人はいまでもかなり多いです」(芸能記者)


当時の報道で、さらに羽鳥アナのイメージを悪くしたのが、元妻に対する厳しい束縛だった。携帯電話の通話記録から買い物のレシートまで、徹底してチェックをしていたといい、それが離婚の原因になったともいわれている。


?


1位をあと2回獲得すると殿堂入りだが…

現在、羽鳥アナは脚本家の渡辺千穂氏と再婚している。渡辺氏は2016年の朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』(NHK)の脚本を担当しており、放送時は羽鳥アナが出演する『モーニングショー』(テレビ朝日系)も同時間帯に放送されていたことから“夫婦で視聴率争い”などとワイドショーをにぎわせた。


「すでに殿堂入りしているのでランキングには反映されませんが、実際のところ、いまでも男性アナウンサーで不動の人気1位はTBSの安住紳一郎アナなんです。恐らくフリーになれば羽鳥アナ以上にオファーが殺到するのは間違いありません。いまだに独身でスキャンダルがないことも高感度が高い理由のひとつです。安住アナと桝アナという絶対的な王者が不在のランキングですから、割り引いて見ないといけないかもしれません」(同・記者)


羽鳥アナも来年以降、あと2回の1位を獲得すれば安住、枡に続く3人目の殿堂入りになる、今後、どれだけ人気が持続するのか、注目されるだろう。


?

関連記事(外部サイト)