40年ぶりに出現! 幻のUMA『フクロウ人間』の姿が撮影された!

40年ぶりに出現! 幻のUMA『フクロウ人間』の姿が撮影された!

(C)Celiafoto / Shutterstock

イギリスの有名なUMAオウルマン==uフクロウ男」が40年ぶりに現れ、その姿がYouTubeに公開された。




オウルマンとはその名の通り、フクロウのような外見の人型サイズのUMA。尖った耳と翼を持つのが特徴で、正確に言えばミミズクということになるが、日本ではフクロウ男≠ニして通っている。


オウルマンは1920年代にイギリスのコーンウォール州のモウナン村で最初に発見され、70年代前半に目撃が多発した。しかし、76年以降、オウルマンは出現が確認されていない。その後もモウナン村で空を飛ぶ悪魔≠フ目撃などはあるが、オウルマンとは違うようだ。


「オウルマンは教会、墓地に出没することが多い。奇妙なのは少女ばかりが目撃していたことなのです。だから、多感な少女たちがワシミミズクなどの巨大ミミズクを誤認したんじゃないかと、存在が極めて怪しいUMAとなっており、いまいちマイナーだったのです。ただ、今回は男性がきっちり撮影したので、がぜん、UMA界が盛り上がっています」(UMAマニア)



満を持しておっさんの目撃者登場!

地元のマーク・デービス氏は「モウナン村の墓地をうろついている影のあるツノのある人間を撮影した」と主張している。映像では、デービス氏が友人と墓地を歩いており、心霊探知器をあちこちに向けながら、「ここに生き物はいるか」と尋ね、同時にカメラもそこに向けて撮影している。画面の隅に不気味な人影のようなものが現れる。まさにオウルマンの外見と一致する、ツノと不吉な翼が背中から出ているように見える。その場所にマーク氏が急行したが、人影は消えていた。


オウルマンの伝説が広がったのは76年4月。父親の休暇でモウナン村を訪れていた10代の2人の少女が、村の中心近くの教会の塔の頂上に、翼を持つ半鳥半人≠見つけたと主張してからだ。同年7月、14歳の少女2人が、やはりこの教会近くで、輝く目を持った人間サイズの「巨大なフクロウ」を目撃し、おどろおどろしいスケッチを公開したことで爆発的に広がったが、目撃はこの年に集中。翌年以降、オウルマンらしきものの目撃例はなくなっていた。


およそ43年ぶりに出現したフクロウ男≠ヘ、果たして何を伝えようとしたのだろうか。



【画像】


(C)Celiafoto / Shutterstock



40年ぶりに出現! 幻のUMA『フクロウ人間』の姿が撮影された!はまいじつで公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)