佐々木希&渡部建「離婚しそうな夫婦」ランクインの理由

佐々木希&渡部建「離婚しそうな夫婦」ランクインの理由

佐々木希&渡部建「離婚しそうな夫婦」ランクインの理由の画像

年末に芸能サイトがよく行うアンケートに《来年離婚しそうな夫婦は?》というものがある。そのなかで、船越英一郎と松居一代、片岡愛之助と藤原紀香、渡辺謙と南果歩、上戸彩とHIRO、田中哲司と仲間由紀恵といった不倫や不仲が報じられた夫婦以外に、神田沙也加と村田充、そして佐々木希と渡部建の名前も挙がっていた。



佐々木と渡部は今年4月に入籍。その後も夫婦円満な様子が芸能ニュースで伝えられているが、内情はそうでもないようだ。


「佐々木は女優としては崖っぷちに立たされており、ドラマでも舞台でも演技が下手でどうしようもない。結婚というエピソードがなかったらそのまま消えていてもおかしくありませんでした。妊娠したら芸能界から引退するのではないかという話も出ています」(芸能リポーター)


渡部は現在、地上波テレビの7番組でレギュラー出演しており、そのなかでも『王様のブランチ』などは結婚後の今年4月以降からの仕事が多い。


「テレビ界では渡部に『結婚特需がきた』と言われています。食通のキャラクターで本も出している渡部ですが、グルメ関係の仕事は増えず、番組司会の仕事が増えました。佐々木と結婚したメリットは大きかったといえるでしょう」(テレビ雑誌編集者)


?


順調な夫婦生活の裏で…

結婚で互いに仕事が順調になったはずなのに、なぜ離婚を噂されているのだろうか。


「佐々木は早く子供が欲しいようで、妊活に勤しんでいるそうです。しかし、渡部は仕事が忙しく、佐々木の“要求”に相当まいっているようです。テレビでは新婚生活ののろけ話をしていますが、全然家に帰ろうとしません。周囲は『近く無理がくるよ』と予告しています」(女性誌記者)


渡部の疲労は相当のようだ。


?

関連記事(外部サイト)