和田アキ子の苦言を浴びた松居一代「逆に好感」の声

和田アキ子が『アッコにおまかせ!』で船越英一郎と離婚の松居一代に苦言 SNSは非難

記事まとめ

  • 番組では松居の離婚発表会見を特集、和田は話題に取り上げることに気が乗らない様子
  • 松居が報道陣の前で母親に電話をかける様子がVTRが流れると、目を背ける場面も
  • 和田はSNSで非難され「嫌いなネタは流さないのか」「傲慢な物言いに虫酸が」の声も

和田アキ子の苦言を浴びた松居一代「逆に好感」の声

和田アキ子の苦言を浴びた松居一代「逆に好感」の声

和田アキ子の苦言を浴びた松居一代「逆に好感」の声の画像

12月17日に放送された『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、和田アキ子船越英一郎と離婚が成立した松居一代について言及した。



番組では15日にあった松居の離婚発表会見を特集。和田は「うわぁ、これやらないとだめ?」と話題に取り上げることに気が乗らない様子だった。会見中に松居が何度もガッツポーズする姿に「そもそも離婚したかったのは船越くんの方ですよ。どうなってんの、これ」と首を傾げた。


松居が報道陣の前で母親に電話をかける様子がVTRが流れると、「なにこれ。どうすればいいの?」と笑いをこらえながら映像から目を背ける場面もあった。「(電話は)会見開く前とか後でいいじゃない」と苦笑いしながら指摘し、発言内容についても「ちょっと引いたよね。一応は一緒に住んでいたんだから、『大っ嫌いです』は言わなくてもいい」と疑問を呈した。


この和田の態度はSNSで非難された。《和田が嫌いなネタは流さないのか》、《人さまの発言に対して規制するほど偉いのか》、《傲慢な物言いに虫酸が走ります》、《和田が嫌いなタレントはニュースに出るなってことかよ》などと容赦ないコメントが並んでいた。


「そもそも、松居を取り上げておいてこき下ろすという手法が、すでに松居の術中にはまっているのです。ニュースとして取り上げた時点で松居の思うつぼでしょう。どういじられようが、松居がガッツポーズしている姿は報道せざるを得ない。ということは、松居がどれだけ苦しんできたかをテレビは喜んで伝えているということになる。そこを和田も番組のスタッフも分かっていないのです」(芸能関係者)


?


和田に批判されたタレントは好感度が上がる?

松居のガッツポーズについてもインターネットでは《ここまで喜んでいると逆にさわやかだ》、《一周して松居に好感が持てる》、《松居の苦しみが伝わってきた画面だった》と、世論は松居に対して憐れんでいるようだ。


「松居の離婚に絡んで、バラエティー系の報道番組はどれだけ視聴率を稼いだことでしょう。もう番組関係者は松居に足を向けて眠れないはずです。和田も話題を提供してくれる松居に対して感謝した方がいいくらいです」(同・関係者)


そして、不思議なことに和田に批判されればされるほど好感度が上がるという不思議な現象が起きている。


「スキャンダルを起こしたタレントたちには、『和田が番組でたたいてくれないか』と密かに願っている人も少なくありません。和田はそういった意味では、醜聞のあるタレントにとって“救世主”なのかもしれません」(同・関係者)


世間では、和田が“ご意見番”としては嫌われているということだろう。


?

関連記事(外部サイト)