キンプリが生放送で“無気力パフォーマンス”笑顔ゼロの理由とは…

キンプリが生放送で“無気力パフォーマンス”笑顔ゼロの理由とは…

画/彩賀ゆう

8月28日放送の『ZIP!』(日本テレビ系)に、同番組でVTRのレギュラーコーナーを持つジャニーズのアイドルグループキンプリ≠アと『King&Prince』がスタジオ生出演。同日発売の最新シングル『koi-wazurai』を披露したのだが、ファンからは心配の声も上がってしまった。



7月19日の横浜アリーナ公演を皮切りに、全国7都市を周るコンサートツアーを10月まで開催する「キンプリ」メンバーたち。現在はツアー日程が後半に差し掛かった上、新曲の発売によって歌番組等のプロモーションにも奔走しなければならない多忙を極める時期を迎えている。


デビュー以来、新曲リリースのたびに同番組でスタジオ生披露することが定番となっている「キンプリ」。今回もその例に漏れず、メンバーは早朝の生放送から歌とダンスを披露していった。



若さを持ってしても耐えられない過酷スケジュール

しかし、売れっ子ゆえのハードなスケジュールからか、メンバー一同は若さでもカバーできないほど疲れをためてしまっているよう。新曲パフォーマンスを見たファンからは、


《キンプリみんな疲れてる顔してた… 特に廉くん…》

《無理だけはしないでほしい》

《真顔だった。歌もコメントも》

《笑顔ゼロやん。疲れが前面に出とる》

《みんなツアー回りながら、ドラマに映画に宣伝に舞台に新曲にってめちゃくちゃ忙しくて大変だろうな》


などと、心配の声が上がった。


「現在、『キンプリ』はツアーと新曲プロモーションに加え、メンバー全員が個人の活動も抱えています。平野紫耀は9月6日に公開を控えた主演映画のプロモーションに奔走していますし、岸優太と神宮寺勇太も、9月3日から始まる舞台に向けたリハーサルが大詰めの状態。橋海人は秋公開予定の映画、永瀬廉は9月に放送される主演SPドラマの撮影をしていますし、いくら若く体力があってもキツイことは間違いないでしょう」(ジャニーズライター)


新曲タイトル的に言えば、「恋わずらい」ではなく、病気を「患う」ことだけは避けてほしいものだ。



関連記事(外部サイト)