指原莉乃「政界進出否定」も噂の背景にある「不安」

指原莉乃「政界進出否定」も噂の背景にある「不安」

指原莉乃「政界進出否定」も噂の背景にある「不安」の画像

『HKT48』の指原莉乃が12月17日に福岡市で新公演『誘惑のガーター』初日に出演し、政界進出の噂を否定した。指原は、15日夜に東京都内の焼き肉店で安倍晋三首相や松本人志らと会食したと報じられていた。



昨年、『ワイドナショー』(フジテレビ系)に安倍首相がゲスト出演した際、指原は「政治家に向いている」と言われていた。このとき指原は「頑張るぞ〜」と前向きとも取れる返答をしていた。そのとき以来の首相との接触だけに、ファンを中心に「政界進出の下準備か!?」という憶測が広がっていたのだ。


このことを受けて指原は「世間では『政治家転身』とかいわれていますけど、そんなことはなく、アイドルをやらせてもらっています」と公演中のMCのときに語っていた。


「指原に政界進出の噂が出る訳は3つあります。ひとつは賢くて、あらゆる年代の気持ちが分かるような感受性を持っていることです。ふたつめは、アイドルとしての将来にさして魅力を感じておらず、『AKBを卒業したら芸能界にはいないのではないか』と周囲からも思われていること。最後に、自民党が非公式に衆議院選挙の立候補者として“身体検査をした”という情報が永田町を駆け巡っているからです」(芸能関係者)


?


アイドルを続けることに不安を抱く指原

指原はAKBグループから卒業したあとのことが不安で仕方ないらしく、かつては「元アイドルという大きなくくりで、いろいろな方に卒業してからのお話を聞きたい」と話し、「いま必死に副業を探している最中なので、そのお話も聞きたい」などと、アイドルとは思えないようなことも告白していた。さらに「明確に考えているわけじゃないですけど、バーとかスナックとか」と具体的なプランを明かしたこともある。


指原は、かつて交際を報じられた元彼氏が結婚したという報道を受けて『わたしも27くらいまでに結婚したいな』と周辺に明かしたとされている。


「指原が政治家になるとしたら、間違いなく当選はするでしょうが、おそらくは30歳を過ぎてからの話だと思います。どの年代の人ともうまくやれるので、政治家には向いているとみんなが言います」(同・関係者)


もちろん、その際は安倍首相自らが説得するだろう。指原は、すでに安倍首相と連絡先を交換しているともいわれている。


「指原の政界進出は、彼女のしっかりした性格が生み出した噂でしょう。しかしもし、指原が普通の会社員になったとしても、将来的に幹部として通用する人材だと思います」(同・関係者)


政治家になった指原を見てみたいと思う人は少なくないようだ。


?

関連記事(外部サイト)