ギャルタレント・なちょす出演CMの「崩壊するギャル語」話題に

人気ギャルタレントのみちょぱの妹分としてもしられる“なちょす”こと徳本夏恵が出演する、ツイッターで寄せられたリアルな高校生からの反響を受けて進化するというコンセプトで制作された『サントリー POPメロンソーダ』のCMが話題になっている。


CMは3部作で構成されており、あらすじは全て共通だが、第2弾、第3弾と進むにつれて、リアルすぎる“JC・JK語”や彼女らにウケる男子像が積極的詰め込まれていく。最終的には、もはや何を話しているのか不明なギャルの会話、誰の理想なのか不明な憧れ男子像へ仕上がっていき、ぶっ飛んだ仕上がりになっているという。


?


共通したあらすじの中にある確実な「変化」

3部作に共通しているあらすじは次の通りだ。女子高生ギャル役のなちょすに、同級生の女子が「誰が好きなの?」と問いかけ、なちょすが「日向先輩」と答える。突然、窓ガラスを破って野球ボールが教室に打ち込まれる。「大丈夫か!?」となちょすを気遣って校庭から飛び込んでくる野球部の日向先輩。そして、なちょすが「ホームラン打ってください」とPOPメロンソーダを手渡し、日向先輩は「ホームラン打ったらおれと付き合え」と言い残し、本当にホームランを打つ。


この日向先輩、第1弾では昭和の青春ドラマ風の“キザ”な二枚目だったが、第2弾では、エキストラ風の冴えない男子、そして、第3弾では現役高校生のトレンドに媚びすぎた結果、もはや野球部員にもかかわらずゴールドチェーンを纏った“ラッパー”姿になってしまっている。


一方で、みんなに冷やかされるなちょすも変化している。第1弾では可愛いく照れる女子高生、第2弾では“てへぺろ”するギャル、第3弾では「ガンガンガンジー!!」とテンションが上がっている超級のギャル…と、それぞれだ。


「第3弾は、リアルなJC・JK語に触れた大人がヤケを起こしたかのような思えない展開です。大人には耳馴染みのない、ポジティブな『まじ』『ヤバイ』などを意味する『卍(まんじ)』の連呼で会話が成立してしまっています。この『卍』は、2017年12月7日に発表された『女子中学生・女子高生流行語大賞発表』のTOP5にもランクインしており、JC・JKの間ではもはや一般語のようです。言い方のトーンでニュアンスの違いを区別できるのも、リアルな高校生の会話の忠実な再現なのでしょうか」(メディア関係者)


?


■動画:第1弾



なちょすはちょっと可愛いめのギャル風で、野球部の先輩は昭和ドラマのよう。


?


■動画:第2弾



なちょすはより派手なギャル風になり、憧れのはずの野球部の日向先輩はあまりにも普通の男子高校生だ。


?


■動画:第3弾



メッシュなども入った“超級ギャル”と化したなちょすが卍(まんじ)を連呼。それどころか日向先輩もラッパー風になっていてもはや何が何やら……。


?


JK世代は「なちょす絶賛」の一方、大人は「卍」に困惑

これらのCMを視聴した人々がSNSに感想を残している。《全部かわいいし面白かった〜》といった肯定的なコメントもあり、《やっぱ、ツインテが良き》《ツインテールのやつが1番好き!》など、ギャルに人気のツインテール姿のなちょすを評価するコメントも多数みられた。なちょすが現役高校生から絶大な支持を得ているかもしれないことが窺える。


対し、“ギャル語”を解さない大人世代の間でもジワジワと話題を呼んでおり、《「卍」って読めなかった!!意味は「まじ」なんですね。「卍”」で「ガンジ」なんですね?》と意味を確認し合った。《昭和生まれの私は1作目のなちょすちゃんとキャプテンしか正視できない…》とぼやく推定40歳代のコメントも見られた。


ラッパー風の日向先輩を見た後では、もはや昭和風のキザすぎる日向先輩が恋しくなる。


?


【画像】


(C)fizkes / Shutterstock

関連記事(外部サイト)