税金が戻ってくる「セルフメディケーション税制」って?

税金が戻ってくる「セルフメディケーション税制」って?

税金が戻ってくる「セルフメディケーション税制」って?の画像

個人事業主が確定申告をする際に、意外と盲点になっているのが『セルフメディケーション税制』だ。2017年から開始されたばかりの税制度で、名前は何となく聞いたことはあるけど、実際に詳しいことは分からないという人も多い。



これまで『医療費控除』を受け取るためには、年間10万円という目安があったが、実際のところ、大きな手術や怪我、歯科治療などがない限り、なかなかその額まで届かないという人も多い。しかし、セルフメディケーション税制では年間で1万2000円を超える薬品を購入した場合、所得控除を受けることができるのだ。


実際の適用要件は以下の通りとなっている。



健康の保持増進および疾病の予防に対し「一定の取り組み」を行っている居住者(※一定の取り組みとは、人間ドックなどの健康診査、インフルエンザワクチンの予防接種、勤務先での健康診断、メタボ検診、がん検診など)
特定一般用医薬品等購入費(※対象商品には領収書等にセルフメディケーション税制の対象商品であることが明記されている)

簡単に言えば、家族で年間1万2000円以上の対象薬品を購入していて、一定の健康のための取り組みを行っていれば所得控除が受け取れるということだ。ただし、従来の医療費控除との併用はできないので、その部分は注意が必要だ。


?


控除額は最大8万8000円

所得控除額は最大で8万8000円が限度となり、その年の対象薬品の購入金額から1万2000円を引いた額が控除となる。実際に適用するための手続きも難しくはない。



確定申告書に『セルフメディケーション税制の明細書』を添付
健康診断等の書類を添付または提示
対象薬品を購入した際の領収保管

なお、対象となる薬品は厚生労働省のサイトで確認することができるので、事前にチェックしておこう。また、対象薬品には共通識別マークが入っているので、手にとって確認することもできる。


?

関連記事(外部サイト)