藤吉久美子を不倫に走らせた「家庭内の不満」

タレントの太川陽介の妻である藤吉久美子が、50代のテレビ局プロデューサーとの不倫疑惑を報じられた。



『週刊文春』によると、藤吉は既婚者で東京に単身赴任しているプロデューサーの自宅の合鍵を持って自由に出入りし、さらに地方ではホテルの一室で朝まで過ごしたという。最後にひと花咲かせようとばかりに禁断の“W不倫”にのめりこんでいってしまったようだ。


「藤吉は幼少時から厳格に育てられており、男遊びなんてもってのほかだったそうです。20歳そこそこで共演した歌舞伎役者と結婚し、のちに離婚しましたが、これが“初めての相手”だったという噂もあるほど。離婚してすぐに太川と出会い、再婚したので、ほとんど男を知らないままここまできた。そのため、50歳を超えて、ついに溜まっていたものが爆発してしまったのでしょう」(芸能プロダクション関係者)


?


我慢の限界で不倫か

以前から藤吉は一部で妖艶さが有名だったという。基本的に胸元の開いた服を着ており、ときには過剰なボディータッチもあったそうだ。それでも一線は越えてはいなかったのだが、還暦を前に50代プロデューサーと知り合い、太川の目を盗んで会うようになった。


「夫の太川は会見で鷹揚な態度を見せ、妻を守る姿勢を強調しました。しかし、実際にはかなりの亭主関白で、日々の生活で藤吉が我慢していることもかなりあったという話も聞こえてきています。欲求不満が爆発したと同時に、太川に対する不満も爆発し、結果的に不倫に走ったのでしょう」(テレビ局関係者)


太川は会見で離婚はしないと明言しているものの、このテレビ局関係者によると「太川はかなり怒っており、藤吉のこれまでの太川に対する不満は解消されていない。しばらく時間を置いて不倫となる可能性は高い」という。


夫婦関係の修復はかなり難しいだろう。


?


【画像】


タカス / PIXTA(ピクスタ)

関連記事(外部サイト)