“ヤリマンビッチ”MEGUMIがエロい! あの新井浩文も出ている『台風家族』

“ヤリマンビッチ”MEGUMIがエロい! あの新井浩文も出ている『台風家族』

“ヤリマンビッチ”MEGUMIがエロい! あの新井浩文も出ている『台風家族』の画像

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『台風家族』

配給/キノフィルムズ TOHOシネマズ新宿ほかにて全国公開

監督/市井昌秀

出演/草g剛、MEGUMI、中村倫也、尾野真千子、藤竜也ほか


本来は6月公開予定だったが、出演者の1人、新井浩文がマッサージ店従業員に自宅で乱暴した事件を問われ、無期限延期の憂き目に…。しかし、作品自体に罪はない、という当たり前のことがやっと通った形となって、まずは公開実現を喜びたい。とはいえ、新井が出ていることはプレスでは全く触れていない。



その夏、鈴木家の4人兄弟、長男の小鉄(草g剛)、次男の京介(新井浩文)、三男の千尋(中村倫也)、長女の麗奈(MEGMI)、さらに小鉄の嫁・美代子(尾野真千子)らが10年ぶりに実家に集まった。銀行強盗で2千万円を奪って逃走し、行方不明となったままの両親の見せかけの葬儀のために。だが、本当の目的は財産分与を争うためだった…。



色気丸出しのMEGUMIに注目

欲と怒りが絡み合う兄弟たちの思惑に興味津々。草gは今年3月公開の『まく子』でも女たらしの料理人を好演していたが、今回もかなり性根の腐った金目当ての軽佻浮薄(けいちょうふはく)な長男に扮している。個人的にはご贔屓の尾野真千子に注目したのだが、こんなゲス男に惚れているのか、全身で支える。後半ドンデン返しで裏切るのか、と思ったらそうでもなさそう。それならと興味の矛先を変えてMEGUMIにロックオン。『孤狼の血』(18年)での取調室シーンで、役所広司とエッチする人妻役がやたらエロかった。今回もやりまんビッチ≠ニ言われるほど、貪婪(どんらん)な色気を丸出し。やたら露出度の高い衣裳で動き回り、自慢の巨乳もハミ出そう。勝手に付いて来た今の交際相手と実家の納屋で早速立ちマン≠キるあたりが真骨頂。色気要員%I扱われ方だとしても、貴重な存在である。


さて、モンダイの新井浩文はもっと暴れてくれるのかと思ったら、意外とおとなしいキャラだった。強奪金2千万円の在りかと財産分与の行方が焦点なのだが、後半はなぜかヒューマンな方に急転直下していくのが気になるところ。個人的には、迫り来る台風の真っただ中で、金が絡む骨肉の争い、その醜さをもっと描いてほしかった。『箱入り息子の恋』(13年)は一見ヒューマンに映るが、星野源と夏帆の恋の行方を決してキレイ事に描かなかったのが良かった市井昌秀監督だが、今回は少し矛先が狂ったか。それとも海辺のシーンなども含めて、『万引き家族』(18年)あたりに対抗したかったのか?


台風家族≠ニいうと、ボクの幼少のころに同名のテレビドラマ(笠置シズ子主演、61年)があり、他の幸福なホームドラマに比べて、詐欺に遭ったりする辛口な内容が子供心にも伝わり、ハラハラしながら見ていたことをフト思い出した…。古過ぎかな!?



【画像】


PawelSierakowski / Shutterstock


関連記事(外部サイト)