「SMAP」解散から1年|1.中居正広の胸中

「SMAP」解散から1年|1.中居正広の胸中

画/彩賀ゆう

中居正広の2017年は、それこそ“天国から地獄”へ落ちるような感じだったことだろう。振り返れば2016年は『SMAP』独立の首謀者としてテレビ番組で公開謝罪をさせられ、目を血走らせながら謝る姿は多くファンからの共感を呼んだ。



「中居の扇動でSMAPは独立を画策し、木村拓哉の裏切りで失敗したものの、中居の悔しそうな顔はジャニーズ事務所に立ち向かう正義の男に見えた。2016年は中居が賞賛された年でした」(ジャニーズライター)


しかし、今年6月のジャニーズ事務所との契約更新の席に、中居の姿はなく、稲垣吾郎、草g剛、香取慎吾の3人が退所を申し出た。


「中居が契約更新の場に来なかったのは、ジャニーズの制裁が怖かったからでしょう。自分で独立を首謀し、稲垣らが退所を決意すると、今度は彼らを裏切ってジャニーズに残ることを決めました」(同・ライター)


この中居の行動については、タレントのおすぎがラジオ番組で「中居は信用できない人間」と言い切っている。中居はジャニーズ事務所に残留したことで“木村以上の裏切り者”というレッテルを貼られた。


「稲垣たちは中居も一緒に退所して独立するものと思っていたのです。その証拠に2016年の大みそかに木村を呼ばず、元SMAPメンバーだった森且行も呼んで忘年会をおこなっています。これを考えたのは中居で、そこまでしたのにジャニーズに残った。これは常識外れの行動といえるでしょう」(週刊誌記者)


?


独立しなかったことを後悔

稲垣ら3人は、独立後に出演したインターネット配信番組『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)が延べ視聴数7400万回という大成功を収めた。その後の芸能活動も話題性は事欠かない。


「3人はホンネテレビ以外にもレギュラー番組やCM継続、新規CMまで獲得しています。中居は3人がこんなに早く活躍するとは思っていなかったのでしょう。彼らの活躍に『本当かよ!?』と驚きの言葉を周囲に発したそうです。自分が独立しなかったことを後悔しています」(同・記者)


中居は3人の“自由な”芸能活動をうらやましく思い、自分もジャニーズ事務所を退所することを目論んでいる。


「現在の中居は香取に連絡を繰り返しており、3人と関係を修復して独立の道筋を作ろうと必死です。でも一本気性格の草gは、中居に対して一切の関わりを拒否しています。最初の裏切り者である木村は稲垣が窓口となって“和解の場”を設けられたようですが、中居には拒否の姿勢を貫いています」(女性誌編集者)


中居は自分のこれまでの行動に振り回されている。


?


【特集:「SMAP」解散から1年】


#1 中居正広の胸中


#2 香取慎吾の胸中


#3 稲垣吾郎の胸中


#4 草g剛の胸中


#5 木村拓哉の胸中

関連記事(外部サイト)