小藪千豊にモラハラ疑惑? 妻の“勝負下着”事情明かしドン引き…

小藪千豊にモラハラ疑惑? 妻の“勝負下着”事情明かしドン引き…

小藪千豊にモラハラ疑惑? 妻の“勝負下着”事情明かしドン引き…の画像

インターネット番組『さよならプロポーズ』(AbemaTV)のMCを務める小籔千豊が、9月7日に放送された回で女性の下着に関する好みを明かしたものの、あまりのデリカシーのなさ≠ノ憤怒する声が続出している。



同番組は、交際歴が長いにもかかわらず結婚に踏み切れないカップルが、7日間のイタリア旅行をし、旅の終わりで「結婚するか」「別れるか」を決めなければならないという恋愛リアリティーショー番組。7日の放送回では、彼女が彼氏とのセックスレスを打破するため、単身勝負下着≠買いに行く様子が放送された。


これを受けて、ゲストの鈴木奈々は夫との付き合いが10年以上たっているため女性の悩みに共感。「私は自分から誘えなくて。でも私すっごくムラムラしたときがあって…」と自身のエピソード話し始めると、「勝負下着も買って、勝負パジャマも買った」ものの、結局は夫とタイミングが合わず、鈴木のもくろみ≠ヘ失敗に終わったことを赤裸々に告白した。


勝負下着に頼る女性陣に対し、小藪は「分かりやすい勝負下着で興奮するのは、アホ過ぎへん?」と反論。「僕は嫁はんには、『イキったやつは着けるなよ』って言っている」と妻に言い聞かせていることを明かし、「勝負下着を着られた時点で笑ける」と一蹴したのだった。



根本的に男尊女卑

この小藪の持論に対して、ネット上では、


《モラハラやん》

《充満するモラハラ臭w》


などと、妻に制限をかけているとして批判する声が上がった。しかし、より批判を浴びたのは妻の下着事情≠明け透けに話してしまったことのようで、


《何か奥さんがかわいそう。私生活さらされてる感じで》

《身内で何するにも小馬鹿にされるのはキツイ》

《何でテレビでこんなこと言われないとダメなの?》

《自分だったら知り合いも見るかもしれないところでこんなこと言ってほしくない》

《芸能人だから仕方がない部分もあるんだろうけど嫌だ》


などとデリカシーのなさ≠指摘する声が続出した。


「小藪のモラハラ的な性質は、今に始まったことではありません。2015年12月に放送された『ノンストップ!』(フジテレビ系)で夫婦別姓≠ノついて議論していたときのこと、反対派を貫く小藪は『カードの名字変更など膨大な事務手続きが省略できる』という賛成意見に対し、『えー、そんなん引っ越しのときも大変ですけどね。引っ越しせえへんねや、この人』と好戦的な発言をし、『(数々の別姓にしたい理由を聞いて)失礼ですけど、だいたい、しょーもない理由』と突き放しています。こういった発言を踏まえて、根本的に小藪は『女は男に従うべき』という考えを持っていると言えるでしょう」(テレビ誌ライター)


自分の意見をはっきり言うあたりは、ある意味頼りがいがある≠ニも受け取れなくもないのだが…。



関連記事(外部サイト)