テレビ放送事業で低視聴率を連発のフジテレビ テレビの世界で復活するのは困難とも

記事まとめ

  • フジテレビの“月9”枠、篠原涼子の連続ドラマの最終回は平均視聴率が4.6%と低調に
  • フジテレビの“得意分野”でもあったバラエティー番組でもその凋落ぶりが話題となった
  • 日テレの躍進の理由には『世界の果てまでイッテQ!』の存在が挙げられるとの声も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております