『イッテQ!』出川の“挑戦”に大ブーイング「大自然にゴミを捨てるな!」

『世界の果てまでイッテQ!』出川哲朗のマシュマロキャッチ企画に批判相次ぐ

記事まとめ

  • 日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』で出川哲朗がマシュマロキャッチ記録に挑戦
  • ニュージーランドにある高さ100メートルの縦穴洞窟を訪れ高さの世界記録に挑んだ
  • 大自然にマシュマロがバラ撒かれる光景に視聴者からは「食料の無駄遣い」と批判

『イッテQ!』出川の“挑戦”に大ブーイング「大自然にゴミを捨てるな!」

『イッテQ!』出川の“挑戦”に大ブーイング「大自然にゴミを捨てるな!」

画/彩賀ゆう

9月8日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、出川哲朗がマシュマロキャッチの世界記録に挑戦。しかし、視聴者からは、企画に対する批判的な意見が相次いでしまった。



現在、非公認ながらマシュマロキャッチの世界最速記録と最長記録を保持している出川。今回は新たに高さの世界記録に挑むこととなり、ニュージーランドにある高さ100メートルの縦穴洞窟を訪れた。チャレンジ前にキャッチの練習をすることになった出川は、まず、現地のグラウンドで生卵を使って守備範囲と反射神経を鍛えることに。しかし、当然ながら最初は失敗の連続で、50メートルの距離から生卵キャッチに成功したころには、ツナギ衣装が黄身で派手に汚れるありさまとなっていた。


いよいよ本番のマシュマロキャッチとなったが、この日、洞窟の上部は霞がかって視界が悪く、出川はキャッチどころか一歩も動けない状態に。すると、番組は「1つくらいは入るだろう」との考えで20個同時にマシュマロを落とす作戦を実行したが、これも落下点にすら入れず失敗に終わってしまった。



食べ物を粗末にしているとの批判が

その後も、視界の悪さをカバーすべく色付きのマシュマロに変更したり、落とすマシュマロを増やしたりと改良≠重ねていったこのチャレンジ。しかし、結局2日間かけたロケで一度も成功せず、ただ無数のマシュマロを消費する結果に終わってしまった。


この洞窟は撮影許可を得た私有地ということだが、大自然にマシュマロがバラ撒かれる光景は、視聴者から


《マシュマロがもったいない…》

《あれは食料の無駄遣いだ。 全部食ってるならまだしも、あれは大量のマシュマロを投げ捨て、廃棄してるだけだ》

《大自然にゴミを散らかしてるだけのような気が》

《食料廃棄が深刻な問題となっている今、あの企画は問題の進行を助長しているだけ》

《金にモノを言わせて非常識なYouTube企画みたいになってた》


などと大ブーイング。練習で消費した卵と合わせて、「食べ物を粗末にしている」との印象が強く残ってしまったようだ。


失敗に終わっているあたりヤラセ≠ヘなかったようだが…。



関連記事(外部サイト)