熊田曜子の“手料理”に辛辣な声「馬のエサ」「センスがない人の典型」

熊田曜子が愛娘たちのために作った昼食公開 「馬の餌にしか見えない」と酷評殺到

記事まとめ

  • 熊田曜子が鯖の塩焼きなど、愛娘たちのために作った昼食をInstagramで公開した
  • しかし、ネット掲示板で「馬の方がおいしそうなご飯食べてそう」など、酷評が殺到した
  • また、和食なのにエレガントなピンク色のお皿を用いていることもダメ出しされている

熊田曜子の“手料理”に辛辣な声「馬のエサ」「センスがない人の典型」

熊田曜子の“手料理”に辛辣な声「馬のエサ」「センスがない人の典型」

熊田曜子の“手料理”に辛辣な声「馬のエサ」「センスがない人の典型」の画像

タレントの熊田曜子が9月16日、自身のインスタグラムを更新。愛娘たちのために作ったお昼ごはんを公開したのだが、その質素さ≠ノネット上ではダメ出しの声が続出している。



アラフォーでありながら、かつて同様にグラビアでも精力的に活動する熊田。プライベートでは現在3児の育児に奮闘中だ。16日はお昼から仕事に出掛けたようで、《三連休最終日 子供たちとお昼ご飯を食べて お仕事に行って来ます》とコメント。メニューは、《#パプリカともやしと鶏肉の野菜出汁炒め #鯖の塩焼き #とうもろこし #ワカメのサラダ #卵焼き #白米 #さくらんぼ》とハッシュタグ付きで説明し、健康的な献立となっている。また、ピンク色のエレガントなお皿を用いワンプレートに盛り付けてカフェ風≠ノしたり、卵焼きを星型にしたりと、味だけではなく、かわいらしい見た目にもこだわっているようだ。














View this post on Instagram



















三連休最終日? 子供達とお昼ご飯を食べて お仕事に行って来ます? #lunch #おうちごはん #夕食 #パプリカともやしと鶏肉の野菜出汁炒め #鯖の塩焼き #とうもろこし #ワカメのサラダ #玉子焼き #白米 #さくらんぼ


A post shared by 熊田曜子 (@kumadayoko) on Sep 15, 2019 at 8:19pm PDT




この投稿にファンからは、


《おいしそうなものが一杯で彩りもきれいですね》

《わぁー食器までかわいい曜子ちゃんご飯 愛情たっぷりですね》

《豪華過ぎる… 星形の卵とか偉過ぎる》


などと、称賛するコメントが多く寄せられた。



「もう馬の餌にしか見えなくなってしまったわw」

しかし、ネット掲示板では全く別≠フ印象を持たれたようで、


《馬のエサみたい》

《もう馬の餌にしか見えなくなってしまったわw》

《馬の方がおいしそうなご飯食べてそう》


などと揶揄する声が続出。また、鯖の塩焼きや茹でとうもろこしなど、和食の食事内容にもかかわらず、エレガントなピンク色のお皿を用いる斬新なセンス≠ノ対し、


《センスない人が盛り付けするとこうなる典型》

《お皿とメニューの組み合わせが悪いから、センスないって言われるんだろうな…》

《旦那さんが食べない理由がちょっと分かる気がする》

《盛り付けも料理だよ。ワンプレートで皿洗う手間がないのかもしれないけどマズそう》

《鯖もこんな皿に載せられるとは思いもしなかっただろう》


などと、ダメ出しする声が多く上がった。


「熊田さんが大きな反感を買うさまざまな原因の1つに、料理のクオリティーが著しく低い≠アとが挙げられます。今回でしたら《#ワカメのサラダ》は、ただワカメを水で戻して何か味を付けただけでしょうし、こだわりの星形の卵焼きは、一部が破れてよく分からない形に。そして、極め付きは和のおかずなのに、白米の上からパセリをかけています…。この様子では、あくまで見栄え命≠ナ、根本的なことが何も分かっていなさそうです」(芸能ライター)


SNSはありのままの生活を発信する場だと公言している熊田。少々ありのまま過ぎ≠ネのかもしれない。



関連記事(外部サイト)