ジャニーズへの忖度か?立川志らく『グッとラック!』に低視聴率狙いの噂…

ジャニーズへの忖度か?立川志らく『グッとラック!』に低視聴率狙いの噂…

画/彩賀ゆう

長らく低迷≠ェ囁かれていた『TOKIO』国分太一がMCを務めるTBS系朝の情報番組『ビビット』に代わり、落語家の立川志らくがMCの新番組『グッとラック!』が9月30日にスタートする。しかし、始まる前から他局はもちろん、TBS内からも失敗を予想する声ばかりが上がり、ついには「ジャニーズへの忖度番組」と揶揄されるまでになっているという。



前身番組の『いっぷく!』も含めると、国分は約5年半にわたってTBSの朝の顔として番組に出演し続けたが、視聴率は一向に上がらず、ついに打ち切りとなった。


「国分がレギュラーの深夜バラエティー『世界くらべてみたら』をゴールデンに昇格させるという条件で、ジャニーズに打ち切りを認めさせました。浮上の兆しが一切見えない『ビビット』を終わらせることができて、局の関係者はホッと胸をなで下ろしています」(TBS関係者)


国分の後を継ぐのは、同局昼の情報番組『ひるおび!』での鋭いコメントが人気となった志らくだが、前評判はかなり低いようだ。その理由は…、


「志らくからは全く朝≠ニいう感じがしないからですよ。他の局は始まる前から『負けるわけがない!』と戦勝ムードだし、TBSを心配する余裕すら見せています」(テレビ雑誌編集者)



ハナから視聴率を取る気がない?

確かに、志らくが朝の情報番組のメインの視聴者である主婦層に受けるというのは想像しにくい。脇を固めるのも、TBSの国山ハセンアナ、そして新人の若林有子アナと、とても勝負を懸けた人選とは言い難いだろう。そのため、TBS局内では「ジャニーズへの忖度番組なのでは? 国分の後の番組が高視聴率を取ってしまったら、国分、そしてジャニーズのメンツは丸つぶれ。だからあえて高視聴率が見込めない人たちを選んだのではないか?」と囁かれているのだ。


志らくは「グッとラック!」でメインMCにもかかわらず、その後の時間の「ひるおび!」にもコメンテーターとして出続けるという。これは異例中の異例と言えるだろう。


「要は『グッとラック!』が終わっても、戻る場所があるということ。国山アナ、若林アナも局アナだから、すぐに番組が終わっても、そう問題ではありません」(別のTBS関係者)


短命に終わりそうの声しか聞こえない「グッとラック!」だが、果たしてその前評判を覆すことはできるだろうか。



関連記事(外部サイト)