竹内まりやラスボス中のラスボス≠ツいに紅白初出場へ!

竹内まりやラスボス中のラスボス≠ツいに紅白初出場へ!

竹内まりやラスボス中のラスボス≠ツいに紅白初出場へ!の画像

シンガーソングライター・竹内まりやの最新アルバム『urntable』が、9月23日付のオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得した。64歳6カ月での1位獲得は、松任谷由実の64歳3カ月を上回り、女性最年長記録となった。



昭和、平成、令和の3つの時代で1位になるなど、今や世代を超えて多くのファンの心をつかんでいる竹内だが、今回のアルバムはかなりプロモーションに力を入れていることが話題になっている。


「もともと、テレビ出演をほとんどしないことで知られている竹内ですが、山下達郎と結婚してからは家庭最優先で、音楽活動自体も縮小させていました。今回のアルバムは女性最年長1位記録もかかっていたため、事前プロモーションにはかなり力を入れていましたね。しかし、発売初日に売り上げで矢沢永吉に負けてしまったため、急きょ、夫の山下のライブ会場で直筆サイン色紙がもらえるキャンペーンまで行っています。ライブのチケットを持っていなくても会場に行けば誰でも買えるので、多くのファンが訪れたようです。オークションサイトに多数、色紙が出品されていることからも、転売ヤーが商材として目を付けるほどの人気ぶりだったようです」(音楽誌ライター)



山下達郎も珍しく後押しを

去る8日には『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ)に出演。17歳でアメリカに留学したときの恋愛事情などを赤裸々告白した。また、芸人のヒロシが「ヒロシです…」とつぶやく際のBGMが、竹内がカバーしたものであることから、「まりやです……ほんのたまにテレビに出ると、毎回決まって『老けたしょこたんみたい』と言われます」「まりやです……渋谷駅でじろじろと顔を見てくる人がいたので、『新曲を出したからかな?』と思いつつ、その場を足早に去りました。帰宅後に鏡を見ると、ヨード卵光のシールがこめかみに張り付いていました」などと、かなり高レベルな自虐ネタ≠披露し、大反響を呼んだ。


「17日には38年ぶりに音楽番組『MUSIC FAIR』に出演しました。アルバムに収録されている2曲を披露するなど、ここでもプロモーションに余念がありませんでしたね。また、7日にはNHK−BSプレミアム『竹内まりや Music&Life〜40年をめぐる旅〜 完全版』も放送されたことから、年末のNHK紅白出場を真剣に狙っているとウワサされています」(同・ライター)


NHKは過去に何度も竹内に紅白出場を打診しており、本人も乗り気だったことがあったというが、いずれも、夫の山下の反対で断念している。今回は山下もアルバムのプロモーションに積極的に絡んでいることから、竹内の紅白出場を後押しする可能性は高そうだが…。


満を持してのラスボス中のラスボス≠フ登場で、松任谷由実や中島みゆきら同世代アーティストを一気に蹴散らすことができるか。ファンの期待が高まっている。



【画像】


Have a nice day Photo / Shutterstock


関連記事(外部サイト)