内村光良『なつぞら』物議醸した“あの語り”について失敗を認める!?

内村光良『なつぞら』物議醸した“あの語り”について失敗を認める!?

画/彩賀ゆう

NHK連続テレビ小説『なつぞら』で語りを務める『ウッチャンナンチャン』内村光良が、自身の語りについて振り返った。かねて賛否が上がっていた印象的なフレーズ「なつよ、来週に続けよ」について言及し、ネット上ではあらためて不要≠セとする声が大勢を占めてしまったようだ。



内村は、ヒロイン・奥原なつ(広瀬すず)の戦死した父親役として、娘を見守る温かく優しい声でナレーションを吹き込んでいる。放送開始後、物語とは別の第三者としてのセリフが多かったのだが、第9話でなつが父親の形見である手紙を読んだ回で、「なつよ、私は約束通り、今もおまえと一緒にいるよ」と一人称になり、内村が演じる語りは実は父親だったという設定が明らかになった。9月17日の放送では、なつの記憶の中の父親として、内村が登場。背中と手だけの出演でセリフもなかったが、満を持しての登場に話題騒然となった。


「毎日月曜日から土曜日まで放送されている朝ドラですが、毎回内村さんの『なつよ、〜』という語りで締められます。そこで、土曜日はまた来週≠フ意味で、『なつよ、〜。来週に続けよ』という印象的なフレーズで終わるのがおなじみなのですが、放送開始当初から『来週に続けよって誰目線の言葉なのかよく分からない』『日本語として変』などと、表現に違和感を持つ視聴者が多く見受けられました」(テレビ誌ライター)



日がたつほど邪魔で違和感

そんな声を受けてか、内村はインタビューで「毎週これをお決まりにするのは大変だと思いましたよ」「私も手を替え品を替え、いろいろな言い方でやりましたが、さじ加減が難しかったです。『来週に続けよ』というのは父親的じゃなく、ちょっと俯瞰する感じですからね」と、苦労したことを明かしている。


どうやら、この「来週に続けよ」というフレーズを考えたのは、脚本家の大森寿美男氏らしく、大森氏本人も「違和感を覚える視聴者もいると思います」と、少々無理があったと感じているようだ。


この発言を受けて、ネット上では、


《普通に考えたら、「来週に続けよ」は凡ミスですよね》

《ナレーションって大事 『来週に続けよ』はメタ発言だと感じていました》

《慣れるどころか日がたつほど邪魔で違和感しかありません》

《製作者側もウッチャンも引っかかってたという告白は何か安堵した》

《ウッチャンには普通にしゃべらせればよかったのに》


などと、案の定失敗≠セったことに対し、あらためてこのフレーズは不要≠セとする声が多く上がった。


いよいよ最終週を迎える『なつぞら』。内村いわく、最終週で視聴者に『続けよ』を続けてきてよかったと思ってもらえるだろうと自信をのぞかせているようなので、大いに期待したいところだ。



関連記事(外部サイト)