明石家さんまの“嫌われぶり”が末期的…「お笑い界の老害」の声も

明石家さんまが、末期的な嫌われぶり 加藤綾子アナや石田ゆり子へのツッコミも波紋

記事まとめ

  • お笑い界の「老害」と呼ばれる明石家さんまが、末期的な嫌われぶりを見せている
  • 「好きな芸人 嫌いな芸人」ランキングが8月発表、さんまは「嫌いな芸人」で初の1位に
  • 加藤綾子アナに"公開セクハラ発言"や石田ゆり子にネチネチ質問したりすることも

明石家さんまの“嫌われぶり”が末期的…「お笑い界の老害」の声も

明石家さんまの“嫌われぶり”が末期的…「お笑い界の老害」の声も

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

今やお笑い界の「老害」と呼ばれる明石家さんまが、末期的な嫌われぶりを見せている。今年で16回目となる『日経エンタテインメント!』恒例の「好きな芸人 嫌いな芸人」ランキングが去る8月に発表されたのだが、さんまは「嫌いな芸人」として初の1位を獲得。昨年11位からのジャンプアップで、この1年で嫌われ度が激増した格好だ。



「9月8日付『東洋経済ONLINE』がこのランキングを分析。さんまを『教養がない』と酷評しました。その上でビートたけしの著書『バカ論』の『アカデミックな話はほとんどできない』という言葉を引用しています。経済系の出版社にそんな分析をされるのですから、今のさんまはあまりにみっともないということ」(芸能ライター)


さらに、東洋経済の文面を借りるならば「……露骨にセクハラ・パワハラ的な言動を見せるタレントは少なくなっている。そんな時代に、さんまだけが旧態依然とした価値観に捉われ、世の中の空気にそぐわない発言を連発している」などとも記している。



カトパンに続き石田ゆり子にも…

どうやらさんまは、下品なツッコミがもはや通用しない時代であることが分かっていないようだ。


「バラエティー番組などで女性タレントに下ネタ≠振って相手にされないと『せやけどな』『でもな』と返して必ず続けようとする。なぜ、そんなに固執するのか。もう完全に終わっている感じさえします。この行為はネットの女性サイトでもたびたび問題になり『キモジジイ』と呼ばれるほどです」(同・ライター)


特に『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)で共演しているカトパン≠アと加藤綾子に対しては、他の番組で実名を出し「抱きたいんや」などと公開セクハラ発言≠オたのは有名だ。


「さんまはカトパンにベタぼれで、求婚までしましたが、結局、『お付き合いは無理です』とビシッと断わられたといわれています。ところがさんまは『オレは諦めへんからな』の駄々っ子ぶり。困り果てたカトパンは、ようやく局の仲介で共演解消になるようなので、喜んでいますよ」(テレビ雑誌編集者)


カトパン脈ナシ≠ようやく受け入れたのか、この9月13日、自身の冠番組『さんまのまんまSP』に出演した奇跡のアラフィフ$ホ田ゆり子に目を向けるさんまの姿があった。


「さんまは石田に、『おいくつ……』『一度も結婚なさらず……』『なぜこんなきれいな人を独りぼっちにさせたんでしょう』などとネチネチ質問。キモさ全開でしたね。収録後、石田は激怒。当然、食事なども一切断ったそうですよ」(同・編集者)


晩節汚しが哀れ過ぎる…。



関連記事(外部サイト)