馬場ふみか“全身オカズ人間”マジ演技に視聴者大興奮「指名したい!」

馬場ふみか“全身オカズ人間”マジ演技に視聴者大興奮「指名したい!」

馬場ふみか“全身オカズ人間”マジ演技に視聴者大興奮「指名したい!」の画像

出演中のドラマ『名もなき復讐者 ZEGEN』(関西テレビ)でマッサージ嬢を演じ、その体当たりなお色気演技に注目が集まっている女優・モデルの馬場ふみか。9月19日深夜に放送された第4話でも、自慢の谷間を露出したネグリジェ衣装で視聴者を興奮の渦に巻き込んだ。



同ドラマで馬場が演じているのは、闘病中の夫の治療費を稼ぐため、日本のマッサージ店で働いている中国人女性・李雪蘭(リ・シュウラン)。役が役だけにドラマ内ではお色気シーンを演じることが多く、興奮した客から過激なサービスや本番を強要される体当たり演技にも挑んでいる。


5日放送の第2話では、制服コスプレでの施術中に興奮した客に抱きつかれ、後ろから爆乳を激しく揉みしだかれる体を張った演技を披露。その激しさとうらやましさに視聴者は沸騰し、興奮や嫉妬など欲望にまみれた声をネット上に上げていった。



ハマリ役過ぎるセクシーマッサージ嬢

そして今回の第4話でも、馬場演じる雪蘭はふわふわの巨乳が強調されたネグリジェ衣装で登場し、うつ伏せの男性客にまたがるハードな接客を実演。その後は添い寝で後ろから抱きつくなど、誰しもが「指名したい!」と思うようなシーンが展開されていく。


そして、エンディングが流れるドラマ終盤では、壁ドンでキスを迫られた後、ベッドに押し倒されて馬乗りにされるシーンが。抵抗する場面ではローアングルでショートパンツの美脚も映され、バタバタと動かされる太ももの先からは尻肉≠ェ顔を出しそうにもなっていた。


「全身オカズ人間」と言ってもいいパーフェクトボディーを生かし、グラビア・女優業で多くの男性を虜にしている馬場。これからはより注目度の高い作品に出演し、古き良き演劇界を取り戻す「お色気要員」として奔走してほしいものだ。



関連記事(外部サイト)