【GACKTが仮想通貨への投資を表明】GACKT、発表後に不安や批判が相次ぎ脅迫騒動

記事まとめ

  • GACKTが本名“大城ガクト”と公開し、投資を表明した仮想通貨のSPINDLE(スピンドル)
  • 批判が相次ぎ、GACKTは《帰り道の一人歩きには十分お気をつけください》と書いて炎上
  • スピンドルは運営会社の経営陣のひとりに財務省から行政処分を受けた人物がいるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております