堀ちえみの“吹き替え演出”に疑問「悪意を感じる」「バカにしてる」

堀ちえみの“吹き替え演出”に疑問「悪意を感じる」「バカにしてる」

堀ちえみの“吹き替え演出”に疑問「悪意を感じる」「バカにしてる」の画像

2月に舌がん、4月に食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみが、10月9日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演。術後、初めてのテレビ出演でインタビューに答えたのだが、ネット上ではテレビ局側の演出に物議を醸す声が続出している。



来る10月21日に、自著『Stage for〜舌がん「ステージ4」から希望のステージへ〜』を出版する堀。同著にはタイトルの通り、がんが発見されるまでの過程や治療法に悩んだこと、そして闘病を通して感じた家族との絆が記されているようだ。インタビューで、今年1月にステージ4と診断されたときの様子を尋ねられると「年2回健康診断を受けていたので、まさか自分ががんになるとは思わなかった。まさに青天の霹靂でした」と当時を振り返った。


また、治療法として医師から手術・化学療法・痛みを取って経過観察という3つの選択肢を提示され、精神的にギリギリだった堀は「私自身が手術をしないで痛みを取ってもらって最後、緩和のケアでそのままあの世に行けたらと思っていたところもあって、お迎えがきたら連れていってもらおうと考えた」と、生きることを諦めようとしたことを告白し、実際に死の準備を始めたという。



たどたどしいしゃべり方も本人の希望なのか?

しかし、7人の子どもたちにがんを打ち明けた際、末っ子が泣き出し「生きてほしいと懇願してくれた」ことに心を打たれ、手術を決心したという。


「インタビューでは、堀さんがしゃべっている映像が流れているものの、声は本人の希望で$≠ォ替えされていました。理由は、舌を6割程度切除したため、うまくしゃべることができないから。しかし、本来スラスラしゃべるはずの吹き替えが、まさかのつっかえつっかえ=B堀さんの口の動きに合わせているだけなのでしょうが、視聴者からは『これでは吹き替えにする意味がないのでは』との指摘が上がっているのです」(テレビ誌ライター)


実際にネット上でも、


《吹き替えなんだから、普通にしゃべればいいじゃん》

《吹き替え自体がたどたどしさまで再現しとるんだが。この演出いるか??》

《あれはないと思う。逆にヒド過ぎる》

《もうちょっと普通に吹き替えた方が良かったと思う。 あの吹き替えには、悪意を感じた》

《普通に吹き替えできないかな〜? すごい違和感 バカにしてるように聞こえる》

《吹き替えのしゃべり方まで真似? ご本人は了解済みなのか?》


などと、演出に意見する声が続出した。


「テロップで吹き替えは本人の希望≠ニの旨が注意書きされていましたから、吹き替え自体は了承済みだと思います。が、果たして、あんなにたどたどしく§bしてほしいとまでリクエストしたのかは疑問に感じますね」(同・ライター)


何はともあれ、現在リハビリ中の堀。早くその元気ハツラツな美声を聞かせてほしいものだ。



【画像】


Ollyy / Shutterstock


関連記事(外部サイト)