ブルゾンちえみの“ガチすっぴん”に衝撃「割と美人」「ほんこんじゃん」

ブルゾンちえみの“ガチすっぴん”に衝撃「割と美人」「ほんこんじゃん」

ブルゾンちえみの“ガチすっぴん”に衝撃「割と美人」「ほんこんじゃん」の画像

お笑いタレントのブルゾンちえみが10月7日、前日の6日に86歳で亡くなった元プロ野球選手の金田正一さんの逝去を受けて、金田さんの自宅に弔問。その際、いつものブルゾンメーク≠ナはなくすっぴん≠セったことについて、ネット上では「割と美人」「『尼神インター』誠子よりよっぽど女ほんこんやんけ」などと、衝撃を受ける声が続出しているようだ。



今月6日、急性胆管炎による敗血症で亡くなった金田さん。現『ヤクルトスワローズ』や『読売ジャイアンツ』など数々のチームでプレーをし、引退後も現『千葉ロッテマリーンズ』の監督を務めた功労者だ。そんな金田さんは、ブルゾンがブレーク前にアルバイトしていたレストランの常連客で、頻繁に「腹は減ってないか? ちゃんと食ってるか?」などと、いつも気に掛けてくれていたという。そんな優しい金田さんの存在は、ブルゾンにとって東京の家族のよう≠ニ語り、故人を偲ぶのだった。


「普段テレビ番組などでは、濃いメークのブルゾン。しかし、金田さんの宅に弔問に訪れた際にはすっぴん≠ナした。それに、黒色の長袖シャツを合わせ、黒色のキャップ帽、そして薄い青色のサングラスをしていましたね。家に入ってから2時間ほど滞在し、報道陣に囲まれて質問されたことに1つ1つ丁寧に答えていました」(芸能記者)


また、ブルゾンはその後、自身のインスタグラムを更新。金田さんとの2ショットを公開し、《金田さんは私に、無償の愛を、たくさん与えてくださった!》《たくさん涙は出ましたが これからも心の中に金田さんがいてくれる そばで見守ってくれていると感じます》などと思いをつづっている。














View this post on Instagram



















金田さん! 本当に本当にありがとう!! 大切で大切で、心の底から大好きでした!!(これからも!!!) 金田さんは私に、 無償の愛を、たくさん与えてくださった! いつも気にかけてくれた! どんなときも! 私がどうなっても 変わらず いつも元気で、さっぱりとして、シンプルで! 超かっこいい人だった! 私は、東京で、素敵な人と出会えて幸せ! なぜかはわからないけど 今朝、起きて、金田さんに電話してみようと思って電話した 「今なら俺はいるぞ。電話してこい」 って言ってたのかもしれない! たくさん涙は出ましたが これからも心の中に金田さんがいてくれる そばで見守ってくれていると感じます 今ではなぜか安心感さえも出てきている 一生懸命、生きる!!!!!!!!!!!!!?????????


A post shared by ブルゾンちえみ BURUZON CHIEMI (@buruzon333) on Oct 6, 2019 at 7:01am PDT





金やんも草葉の陰で苦笑い

故人を偲ぶ声や、ブルゾンに共感をする声が上がる中、ネット上で注目を集めているのはブルゾンのすっぴん♀轣Bいつものメークからは想像ができなかったようで、


《ほとんど変わらない》

《割と美人なんやね》

《デザイナーズマンションとかに住んでそう》


などの声が上がった一方、


《『シソンヌ』長谷川やん》

《タイムマシーン3号に似てる》

《『尼神インター』誠子よりよっぽど女ほんこんやんけ》


などと、他の芸人に例える声も散見された。


弔問にいつものばっちり化粧≠ナ訪れていたら批判されていたかもしれないと考えると、ある意味今回のすっぴん≠ウらしは正解だったのかもしれない。



関連記事(外部サイト)