ナカイの窓「中居正広への禁断質問」が急にNGとなった理由

中居正広が『禁断の質問コーナー』を設けるも、ジャニーズの横やりでリハ段階で撤回か

記事まとめ

  • 中居正広が日本テレビ系『ナカイの窓』で台本になかった『禁断質問』コーナーを設けた
  • 古閑美保に"核心"に迫るよう訴えられた高田延彦は期待をはぐらかしブーイングが飛んだ
  • 『SMAP時代のことも聞いていい』という話だったがジャニーズの横やりで撤回されたそう

ナカイの窓「中居正広への禁断質問」が急にNGとなった理由

ナカイの窓「中居正広への禁断質問」が急にNGとなった理由

画/彩賀ゆう

2月14日に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)の内容が話題になっている。



この日のゲストはほぼ全員が大酒飲みで、『お酒大好き芸能人SP 第3弾』という内容だった。円卓を囲んで好きな酒をどんどん飲み、フリートークを展開されていくと、ほろ酔いになった中居正広が「オンエア別にして、聞きたいことあるなら聞いていいよ」と台本にはなかった『中居に禁断の質問!』というコーナーを設けてみせた。


いい気持ちで顔を真っ赤にした中居に、ゲストで元プロレスラーの高田延彦は「ガチでいいの? 視聴者として、ファンとして質問していい? これ聞いたことで抹殺されることはない?」と、恐る恐る問いかけた。すると中居は「おれ、力あるわけ訳じゃないし、穏やかにね」と質問を促すと、元プロゴルファーの古閑美保は「だってもう、それしかないでしょ」と“核心”に迫るように訴えたが、高田は「おれと飲みに行きません?」と、期待をはぐらかした質問をしたため、周囲からはブーイングが飛んだ。


結局、質問コーナーでは漫画家のラズウェル細木が「ボイストレーニングはしていますか?」などと聞く程度にとどまり、残念ながら『SMAP』の解散についての話や、中居がジャニーズ事務所に残ったことなど、“禁断の質問”が出ることはなかった。


「これは明らかにジャニーズ事務所への“忖度”があったと言わざるを得ないでしょう。当初は『SMAP時代のことも聞いていい』という話になっていたのですが、リハーサル段階で撤回されたのです。中居自身は『何でも聞いてくれていい』というスタンスをとっていたのですが、ジャニーズが横やりを入れて、質問を前もってチェックしたのです」(芸能関係者)


?


ジャニーズが一番質問されたくなかったこととは?

ジャニーズ事務所が聞かれたくなかった質問は「中居は稲垣吾郎たち3人に合流するのか」という、いまインターネット上で囁かれている噂についてだ。SNSでも《合流するかどうかはっきりしろ》、《ジャニーズ寄りなのか、そうでないか明確にして》といった投稿が散見される。


「中居は稲垣たちに何度もコンタクトを取っています。SMAP元マネジャーのIさんの仕切りの元で仕事をこなした方がやりやすいのかどうか、探っているのでしょう」(同・関係者)


しかし、3月いっぱいで“退所組”の草g剛と香取慎吾の地上波テレビ番組が終了するのを目の当たりにして、中居の姿勢も変わってきたとされている。


「中居はやはりジャニーズにいた方が、お金の上でもマネジメント的にも楽だという考えに変わってきています。もしもジャニーズを辞めるときが来るとしたら、稲垣たちが説得にかかったときですが、それはいまのところはなさそうです」(同・関係者)


中居はすでにどうするのか決めているからこその「何を聞いてもいいよ」だったのだろうか。


?


関連記事(外部サイト)