小室哲哉とは大違い! つんく♂の“家族愛”に称賛続出

小室哲哉とは大違い! つんく♂の“家族愛”に称賛続出

小室哲哉とは大違い! つんく♂の“家族愛”に称賛続出の画像

音楽プロデューサーのつんく♂が10月22日、自身のブログを更新。結婚14年目にして結婚指輪を購入したことを明かしたところ、ネット上では、現在ドロ沼離婚裁判中の元音楽プロデューサー・小室哲哉氏との比較が話題となっている。



つんく♂は、2006年に元モデルの一般女性と結婚。現在は3児の父で、家族みんなでハワイ・ホノルルを拠点に生活を送っているようだ。そんなつんく♂は今回、《結婚指輪》というタイトルでブログを更新。


《さて、もうすぐ51歳になる私ですが、何と妻と子供と一緒にお出掛けし、念願の結婚指輪を購入しました!》


と、高級ブランド『ハリー・ウィンストン』の指輪の写真を公開した。


《え!? 今ごろ結婚指輪!? とおっしゃる声も聞こえてきますが、そうなんです。実は結婚する当時はかなりバタバタと忙しい時期でもあり事務的に結婚指輪を購入した感じで、2人で買いに行ったわけでもなかったんですね。しかも、実は俺、結婚式当日にその指輪 持っていくの忘れたんです。ドキッ。》


と事情を説明しつつ、


《出会って15年目の節目として、人生仕切り直しというか、家族そろってまた新しい一歩ってことで》


と、家族愛を語った。



かたやドロ沼離婚裁判かたやあふれる家族愛

「つんく♂と同時代にカリスマ的存在として異才を放っていた元音楽プロデューサーの小室哲哉氏は、現在、妻で元歌手のKEIKOさんと離婚調停中。今年1月に『週刊文春』で看護師との不倫疑惑がスクープされると、小室氏は記者会見を開き、当時くも膜下出血で病床に伏せていたKEIKOさんの介護疲れ≠理由に引退をしました。しかし実際は、小室氏は介護らしいことを何もしていないと暴露されており、KEIKOさんとドロ沼離婚裁判に発展することに。離婚がすんなり成立しない理由は、小室氏が自らの収入額を過小申告≠オ、婚姻費用を月額8万円≠ノ引き下げようとしているからだといいます」(芸能記者)


片や家族に囲まれ幸せなハワイ生活を送り、片や不倫疑惑に婚姻費用引き下げを主張…。ネット上では、両者を比較して、


《TKとの人間性の差よ つんく素敵》

《ほんと小室とは大違い 小室大金持ってるやろうに婚姻費用8万とかクソやわ》

《小室とは大違い》

《ハリーウィンストンの指輪、消費税だけでも8万するぞ! 小室さん!》

《つんくは株を上げて、小室は株を下げたってことか。楽曲に罪はないのにね》


などと、小室氏を揶揄する声が続出している。


思わぬ形で、つんく♂は評価を上げたようだ。




関連記事(外部サイト)