香取慎吾が東スポと協力!? ジャニーズと完全対立へ

香取慎吾が東スポと協力!? ジャニーズと完全対立へ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

東京スポーツ新聞社主催でビートたけしが審査委員長を務める『第27回東京スポーツ映画大賞』と『第18回ビートたけしのエンターテインメント大賞』の授賞式が2月25日に東京都のグランドプリンスホテル高輪でおこなわれ、昨年ジャニーズ事務所を退所した元『SMAP』の3人、稲垣吾郎、草g剛、香取慎吾がエンターテインメント大賞の話題賞を受賞した。



3人を代表して登壇した香取は「まさかここに来る日がくるとは…」と笑顔を見せ、「『新しい地図』を始めてまだ1年もたっていないんですけど、こんな素敵な賞をいただいて。とてもうれしく思っています」とコメントした。


「香取がこの賞を受賞したのは、ジャニーズへの当て付けのためです。東スポは、SMAP解散について何度も報じたり、『嵐』の櫻井翔の“顔太り”を取り上げるなど、いわばジャニーズにとっての“天敵”です。この賞を受け取るということは“ジャニーズと喧嘩してもいい”という意味でしょうね」(芸能関係者)


?


相当な覚悟を持ってジャニーズと対峙

香取はさらに「東スポさんには僕もすごくお世話になった。一面を何度も飾らせていただいて。けっこう早い段階で《香取慎吾、引退》と書かれた」と言って会場を笑わせると、「あのときに引退していたら、この舞台に立つことができなかったと思うと、引退しなくてよかった。引退しません!」と力強く宣言した。


「香取が引退を書かれて相当落ち込んでいたのは、周囲も知っていることです。それなのに東スポと手を結ぼうというのは、相当な覚悟でジャニーズと対峙してもいいという宣言でしょう」(同・関係者)


一説には、中居正広も香取たちの事務所に入るのではないかという噂もあるが、この芸能関係者は「それはない」と話す。


「中居は“ジャニーズのスパイ”として稲垣に連絡をとっているふしがあり、香取はその空気を読んで、中居からの電話にはかなり警戒しています。稲垣にも草gにも忠告しているようです。いずれにせよ、『東スポと組んでまでジャニーズと敵対か』と、われわれは香取の覚悟に感心しています」(同・関係者)


牙を剥いた3人の今後に注目したい。


?


関連記事(外部サイト)