桜井日奈子“JK制服姿”に冷めた声…『岡山の奇跡』とは何だったのか

桜井日奈子“JK制服姿”に冷めた声…『岡山の奇跡』とは何だったのか

画/彩賀ゆう

岡山の奇跡≠ニ騒がれ、鳴り物入りで芸能界入りした桜井日奈子だが、いつ「戦力外」になってもおかしくない状況だという。少なくとも来季の1軍女優枠≠ノ残るのは厳しそうだ。



「岡山の高校生のときに、東京の芸能プロが協力する『岡山美少女・美人コンテスト』で美少女グランプリを獲得。高校卒業を待って芸能界入りしました。当時はなかなか素顔が分からず、それこそ期待の大型新人でしたね。でも、それから3年半。未知の魅力もなくなり、並のタレント化。最近では話題になることもありません」(アイドルライター)


東京進出後、連続ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』(日本テレビ系)の脇役などで出演。今年の1月には『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日系)でヒロイン役を務めたが、結果は全7話で平均視聴率3.1%と惨敗。


「土曜の23時台の深夜ドラマとはいえ、悪過ぎ。もともと全8話だったのが、あまりの数字に7話に短縮したといわれています。存在感がない上、全く華がない。岡山の奇跡≠ニは何だったのか。今や岡山の駄作≠ニまでいわれる始末です」(同・ライター)



結局売り文句は岡山だけ?

桜井が主演を務めた、フジテレビが運営する動画配信サービスFODオリジナルの連続ドラマ『ヤヌスの鏡』が、10月21日より地上波で放送されている。まだ1話が終わっただけだが、前途は険しい。


「いきなり白のセーラー服で出てくるのですが、制服が全然似合っていません。デビュー時より明らかに太った感じがしますね。まだ22歳ですし、年齢的にはJK役もイケそうなのに…。残念ながら、とても見えませんでした」(テレビ誌ライター)


同ドラマは、普段は真面目で気弱な優等生・裕美(桜井)が、突然、別人格の不良少女・ユミになり、夜の繁華街に出没。暴走族などを相手に大暴れするというストーリー。裕美とユミの姿を通して、誰もが抱える多重人格の恐怖を描くサスペンス調のドラマだ。


「原作は1980年代のマンガです。多重人格のテーマはこれまで何度かドラマ化されており、すでに廃れた企画。しかも、今回の桜井主演のヤヌス≠ヘ、すでに8月にネットドラマ(FOD)で有料放送したもの。地上波初登場といえば聞こえはいいですが、ただの再放送=Bネットでダメだったので、地上波のCM料欲しさなどと陰口されていますよ」(同・ライター)


奇跡はそれを信じる者に起こる。ガンバってほしいものだ。




関連記事(外部サイト)