『水曜日のダウンタウン』が一般人にケンカ腰!? 検証VTRに「さすがに横暴」

『水曜日のダウンタウン』が一般人にケンカ腰!? 検証VTRに「さすがに横暴」

画/彩賀ゆう

10月30日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、スタッフが一般人に対し繰り出した質問が物議を醸している。矢継ぎ早に質問を浴びせたスタッフに「明らかに怒らせにかかってる」と指摘する声が相次いだ。



番組では、7月ごろからSNSで流行した「ボトルキャップチャレンジ」の動画を今でもSNSに上げている人物がいるか検証。番組収録月の9月に、キャップを開ける動画をアップした人物に連絡を取り、インタビューした。松本人志は「今、一番やっちゃアカンやつやな」とうなずきながらVTRを見守った。



松本人志もケラケラ笑い…

インタビューに応じたのは劇団所属で、普段は会社員という女性。スタッフが「何でこのタイミングでペットボトルチャレンジを?」と聞くと、「やったことがなくて。やってみようと思ったのが今このタイミングだった」と返答した。


スタッフは「さすがに遅くて恥ずかしいなとか、そういうのって…?」「ブームが下火になってるなあって感じも…?」などと矢継ぎ早に質問。『サバンナ』の高橋茂雄は「恥ずいな、これ言われるの…」と女性を気遣った。


その後もスタッフは「6月ぐらいに世界で…(流行し始めた)」などと指摘。この時期にSNSにアップするのは流行から遅れているとあおった。女性が「もっと前だった」とやや語気を強め、流行した時期は違うと長く語り始めたところで、VTRはフェードアウト。番組サイドはこの女性を「おっかない」と評してVTRを終わらせた。


VTRを見終わった松本は「彼女が最後、戦いの場をずらした感じがしたよね」と意見。小峠英二も「土俵をずらした感じ」と話すと、そろってケラケラと笑っていた。


視聴者は番組が「一般人を怒らせにかかっている」と指摘。一連のやり取りを批判する声を寄せていた。


《ボトルキャップチャレンジをいつやろうかその人の自由じゃない?》

《怒らせにかかって相手が口調荒らげたらおっかない奴認定はさすがに横暴でしょ》

《番組側が明らかに怒らせにかかってる口ぶりだから消したわ》

《ボトルキャップチャレンジのお姉さんをけなしてて嫌だな…》


一般人をおとしめる展開に違和感を示す視聴者は多かったようだ。




関連記事(外部サイト)