内村光良「今年の紅白司会」着任を予感させた番組

内村光良「今年の紅白司会」着任を予感させた番組

画/彩賀ゆう

3月4日放送の『シブヤノオト』(NHK)に出演したタレントの内村光良とアイドルグループ『欅坂46』のメンバーが、昨年12月31日の『第68回NHK紅白歌合戦』で起きたハプニングについて語った。



欅坂46は紅白歌合戦で『不協和音』を歌唱後、総合司会を務めていた内村とともにサビ部分のコラボレーションを披露した際、メンバーが次々と倒れるという事態に陥った。


内村は同番組で「コラボをする1、2曲前に、スタッフから『何人かがもう踊れないと思います。もしかしたら内村さんひとりでセンターに立つかもしれません』と言われた」と、メンバーの体調不良が伝えられていたと明かし、それでもコラボの場面になると、メンバーがふらふらでステージに来たのを見て「すごいプロ根性を感じた」と感動したと話した。


さらに、クライマックスでふらつく中心メンバーの平手友梨奈に声を掛けた場面について「本当に大丈夫? って聞いたんです。最後まで何とかみんな頑張ってほしいという気持ちを込めて。ふらふらだったから。あの怒濤の現場は、あそこに立った者にしか分かりませんよ!」と力説した。


?


なぜ「紅白の事件」の裏話が披露されたのか

「この話を聞いて、NHKは今年の紅白の総合司会も内村に決めたと思います。というのも、内村の司会は非常に評判がよかった上に、共演者たちから『ねぎらいの言葉をもらった』、『出演してから正月に御礼のメールが来てうれしかった』などという声が寄せられていました。こうして、内村の人柄のよさがNHK関係者の耳に入った結果、今回の欅坂46の舞台裏でのエピソード披露につながっているのです。NHKとしては欅坂46に起きたハプニングについては触れたくないという姿勢でしたが、『来年も内村が司会をやってくれるなら』と態度を軟化させたのです」(芸能関係者)


つまり、欅坂46の紅白歌合戦での裏話は、「内村が今年の紅白の総合司会をやる前提」で信頼して話を許可したというのだ。内村はすでにあうんの呼吸で内諾したとされる。


NHKにおける内村の活躍は当面続きそうだ。


?


関連記事(外部サイト)