バイキング炎上落語家が「負け惜しみ投稿」で再炎上

バイキング炎上落語家が「負け惜しみ投稿」で再炎上

keiphoto / PIXTA(ピクスタ)

ツイッターへ貧困問題に関する投稿をして炎上騒動に発展した落語家の桂春蝶(かつら・しゅんちょう)が、3月1日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に出演し、司会の坂上忍やお笑いコンビ『フットボールアワー』と丁々発止のやり取りを繰り広げた。



番組で春蝶は自説を訴えるも、ほかの出演者から「下積み時代に苦労したってそれは自分で選んだ道やん」、「僕らは好きなことやってる上での下積みですからね、貧困とは違う」、「好きでやってることだから貧困とは違いますよね」、「つーかあんた二世でしょ」と一斉に反論を受けていた。


春蝶は出演後に次のようにツイッターへ投稿している。



バイキング、出演しました。
自分の伝えたい事は話せたと思います。
この国の生活保護がどれほど充実しているか。なのに不正受給があり、本当に行き着くべきところにお金が回らない状態。そこに警鐘を発せたと思います。
生活保護に年間3.8兆円…国民一人頭3万円以上支払ってる。
共助精神の国ですよ。 pic.twitter.com/N5kFgof5nQ


― 桂 春蝶 (@shunchoukatsura) March 1, 2018


https://platform.twitter.com/widgets.js


また、夜には番組での出来事を振り返った投稿もしていた。



今夜の落語会も超満員。
流石に今夜は結構な量のお客様が、僕のキャンプファイヤーを知って下さってました。
バイキングのあの「アウェー感」を感じた後の高座は、天国のように楽でした。笑
そしてめちゃくちゃウケました。何事も経験。ひとつ山超えたら脚力がつきますね。落語はやっぱり最高やなぁ。


― 桂 春蝶 (@shunchoukatsura) March 1, 2018


https://platform.twitter.com/widgets.js


その後は、フットボールアワーや坂上忍に批判的な投稿をリツイートして自身の正統性を強調し、皮肉を交えた投稿をしている。



ずっと話題にでると食べたくなって、久しぶりにチキンラーメンをいただいた。


こんなに美味いもんだったかね。


そしたら横で嫁がコーンフレーク食べてて思わず笑ったわ。
いい連携やね??


― 桂 春蝶 (@shunchoukatsura) March 2, 2018


https://platform.twitter.com/widgets.js


?


「面白さが分からない」と批判の的に

これら一連の行動が、収まっていない炎上に油を注ぐ格好になった。


《貧困で、チキンラーメンやコーンフレークなんて食べれるかぁ!カス!値段が高いのに!ボケ!》

《良かったな世襲落語家(笑)、バイキングで袋叩きにされてな(笑)》

《どうしたら息をするように嘘をつける人間になれるのか教えて欲しいですね》

《面白さがわからない。連携って?》

《あまりテレビに出ない噺家がテレビに出ることで、貴方は視聴者の落語を知らない人にとって、落語家代表と認識されてることを自覚してください。内容的に言いたいことはわかりますが、あの場が一切面白くなかったこと。その後の対応。落語界全体のイメージを陥れかねないということに気付いてください》


このように、また多くの批判を集めてしまった。春蝶は下手に貧困問題に顔を突っ込まず、まずは大人しく落語に専念した方がよさそうだ。


?


【画像】


keiphoto / PIXTA(ピクスタ)


?



関連記事(外部サイト)