後藤久美子“イケナイ過去”を謝罪!? 超大物とのアヤし過ぎた関係とは…

後藤久美子“イケナイ過去”を謝罪!? 超大物とのアヤし過ぎた関係とは…

後藤久美子“イケナイ過去”を謝罪!? 超大物とのアヤし過ぎた関係とは…の画像

女優の後藤久美子が10月28日発売の女性ファッション誌『25ans(ヴァンサンカン)』12月号の表紙に20年ぶりに登場した。同誌では、カバー復活を記念して、スペシャル動画インタビューを公開している。




インタビューでは『3wishes(スリーウィッシーズ)』と題して、後藤が誰にも教えていない秘密の3つの願い事≠披露。家族や友人の健康と生活を守ること、勉強したいことなどを挙げたが、中でも『12歳からデビューして10年間の良からぬ言動≠すべてやり直したい』という発言に注目が集まっている。


「少女時代の後藤は、かなり高飛車な態度で有名でした。先輩の俳優にも生意気な口を利いているのを、多くの現場スタッフが目撃しています。後藤はそんな当時を振り返って『傷つけてきた大人の方たちがたくさんいるので、この場を借りて謝ります』と発言したのでしょう。もっとも後藤の大人びた振る舞いは、言動だけではありませんでした。ずいぶんと大胆に、大人を手玉に取っていたのは有名な話です」(芸能記者)



『とんねるず』石橋貴明との愛人関係≠ヘ…

後藤の大胆な行動で思い出されるのが、『とんねるず』石橋貴明との愛人関係≠フウワサだ。当時、まだ高校生だった後藤に石橋が入れ揚げていたことを、モデル出身の元妻・雅代さんが明かし、世間を驚かせた。


「後藤は一回り以上も年の違う石橋に対して『早く手切れ金を渡して、奥さんと別れなさいよ』と石橋に迫ったといいます。当時の石橋は人気絶頂で、多くの女性芸能人と浮名を流していましたが、中でも特に好みだったのは、後に妻となった女優の鈴木保奈美や元フジテレビの中村江里子アナウンサーのような高飛車でお嬢様風タイプ≠ナした。後藤はまさにドンピシャ≠セったのでしょうね。交際が事実だったならば、年齢を考えると、今だったら大問題になっていたでしょう」(同・記者)


10代のころから大の大人を手玉に取るとは、まさに国民的美少女′纉。ならではのエピソードと言えるだろう。


来る12月公開の『男はつらいよ おかえり寅さん』で23年ぶりに映画出演を果たした後藤だが、今後はこれを機に女優活動を増やしていくという。デビューから33年、今やすっかり妖艶な熟女になった。今こそ本来の魔性の女≠ヤりを発揮する最高の時期なのかもしれない。



【画像】


Roman Samborskyi / Shutterstock



関連記事(外部サイト)