「血液クレンジング」インフルエンサーはあちゅう氏の“言い訳”が話題に

「血液クレンジング」インフルエンサーはあちゅう氏の“言い訳”が話題に

「血液クレンジング」インフルエンサーはあちゅう氏の“言い訳”が話題にの画像

ネットを中心に話題となり、世を震撼させた「血液クレンジング」。インフルエンサーとして同施術を拡散したブロガーのはあちゅう氏のインタビュー記事が11月10日、ウェブメディア『BuzzFeed Japan』にて掲載された。



ネット上では、その記事で語られたはあちゅう氏の言い訳≠フ数々に「謝ったら死ぬ病気にでもかかってんの?」「情報発信でメシ食う資格ない」などと、批判の声が殺到している。


「血液クレンジング」とは、一度取り出した血液に、医療用オゾンを混ぜて再び血管に戻すことで、疲労改善・免疫力のアップなどの効果が期待できるという触れ込みの医療行為。だが、その知られざる実態に同月6日、厚生労働省もストップ≠フ声を上げ、実態調査に乗り出しているという。高須クリニック院長の高須克弥氏も「オゾンのクレンジングは昔からあるよ。意味ねえよ。おまじないだよ」と述べている。


はあちゅう氏は同施術に関して、2012〜2013年の間にブログ記事を46本も投稿し、拡散していた。しかし、あくまで自腹≠ナ通っていたとしてステマを否定。その一方で《見て信じた人に対しては、間違ったことを広めて申し訳ないと思いますね》と、一応は謝罪した。


だが再び、《何もかもが信じられない》《そもそもなぜ医師免許のある人がニセ医療を提供しているのか》と自らも被害者の1人である≠アとを主張。そのため、今回の謝罪も、不確実な情報を掲載したことに対するもので、《「血液クレンジングが間違っていてごめんなさい」ではないんですよ》との説明をしている。



言い訳の矛先をエステ業界に向けてしまう

同記事では、かなりの長さにわたって、はあちゅう氏が弁解をしているが、ネット上では言い訳が多過ぎる≠ニの指摘が相次ぎ、


《謝ったら死ぬ病気にでもかかってんの?》

《信頼にたるものを書く人は「これからは裏付けを取ったことのみ書きます」ってストレートに言うはずだ》

《インフルエンサー気取りが「何にも信じられない」とか言うwww》

《つまり言われたことを鵜呑みにしてそのまま垂れ流してるだけって自白してるようなもの》

《何かここまで幼稚な自己弁護しかできないって、情報発信でメシ食う資格ないと思う》


などと批判が続出。また、このインタビューでは、「エステとかもニセの美容と言えてしまう」とエステ=ニセ美容≠ニ見解を示したことに対して、


《これ、エステ業界一丸となって闘わなきゃいけない発言じゃない?》

《余計な言い訳しようとして無関係のエステ業界に迷惑掛けるなんて、あり得ない》


など、怒り心頭の声も多く上がった。


今年9月に第1子を出産したはあちゅう氏。何をやるにしても、あまり子育てに影響のない範囲でガンバることが肝心だろう。




関連記事(外部サイト)