浜崎あゆみ“CD売り上げ枚数”に絶句「間違いじゃ!?」「時代か…」

浜崎あゆみ“CD売り上げ枚数”に絶句「間違いじゃ!?」「時代か…」

画/彩賀ゆう

歌手の浜崎あゆみが、11月10日に発売したリマスターアルバム『LOVE ppears/appears -20th Anniversary Edition-』で、音楽界に新たな記録を打ち立てた。



同アルバムは、初週120万枚・累計200万枚を売り上げた1999年11月10日発売のセカンドアルバム『LOVE ppears』に、30万枚限定で同日発売されたシングル『appears』を加えた20周年の記念盤。これまでリリースされた「appears」の全バージョンやYouTubeでしか公開されなかった楽曲のミュージックビデオも収録され、初回生産限定盤はCDとDVDの5枚組・計46曲収録と、まさに記念にふさわしい豪華仕様となっている。


すると、同アルバムは発売初週に0.6万枚を売り上げ、11月18日付のオリコン週間アルバムランキングで9位にランクイン。これでアルバムトップ10入りは通算52作目となり、「アルバムTOP10獲得作品数」が女性アーティスト部門で歴代1位となった。



リマスターとはいえ、20年で初週売上1/200に…

「全アーティストによるアルバムTOP10獲得作品数」の歴代1位は、矢沢永吉が記録している54作。今回のトップ10入りで矢沢越え≠フ新記録達成も近づいた浜崎だが、リマスターアルバムとはいえ、初週6000枚という売り上げは、全盛期に比べるとかなり寂しいと言わざるを得ないだろう。


ネット上にも、


《売り上げ6000枚とか本当ヤバ過ぎ》

《6000枚も売れたことにびっくり。誰が買うのか…》

《たった6000枚しか売れてないの》

《6万の間違いじゃなくて? 6千なの?? いろいろすごいな…》

《6000枚しか売れていないんだから、もう大物ぶらず細々とやれよ》


などと、その落ちぶれ具合に驚く声が。また、


《今の時代って万いかなくてもランキング入るんだw》

《アラサーのババアからするとまぁ当時の勢いはスゴかったよねと思うわ》

《全盛期は本当にすごかったんだよ》


など、栄華を極めた過去を懐かしむ書き込みも多数見られていた。


今後もあゆ≠轤オくカリスマ的路線を貫くのか、懐かしアーティスト枠で生きていくのか…。




関連記事(外部サイト)