HIKAKIN『ドクターX』に?出演”もファン落胆…「誰だかさっぱり分からん」

HIKAKIN『ドクターX』に?出演”もファン落胆…「誰だかさっぱり分からん」

画/彩賀ゆう

米倉涼子主演の医療ドラマ『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)の11月14日放送回に、ユーチューバーのHIKAKINがゲスト出演した。HIKAKINは事前にツイッターなどで出演すると告知し、放送前からファンの間で大きな話題となっていたが、役どころはまさにチョイ役=B視聴者は「地味過ぎる」と不満げな様子を見せた。



放送前の14日正午ごろ、ドラマ公式ツイッターにHIKAKINが登場。キメ台詞「ハロー、YouTube」を模して、「ハロー、『ドクターX』」と、ポーズを決めてゲスト出演すると告知した。HIKAKINは「冒頭からよく見てないと、どこに出演してるか分からない。ぜひ探してみてください」と呼び掛けた。


HIKAKINのファンはこれに歓喜。リプライ欄には、役どころを予想する書き込みが多く寄せられた。


《車椅子に乗った患者さんで、廊下ですれ違うとかかなぁ》

《もしかして医者役ですか?》



大々的に出演告知も出演シーンは1秒程度

しかし、ファンの予想とは程遠く、HIKAKINの登場シーンはごく短いものだった。この日の第5話は、米倉演じる外科医・大門未知子が手術に臨むシーンからスタート。潮(ユースケ・サンタマリア)、加地(勝村政信)が見守る中、無事に手術を成功させた大門は、患者の肩に手を置き、表情を見つめてから手術室を去った。HIKAKINはこの患者で、トレードマークの眼鏡を外し、口元にはマスク状の器機を装着していた。


HIKAKINが映ったのは時間にして1秒程度。HIKAKNは事前に「マジで冒頭からよく見てないと分からないと思います」としていたが、視聴者からは「本当に分からなかった」との投稿が続出。あまりのチョイ役≠ヤりに肩透かしを食らった様子だった。


《何度も録画してたやつ見返したけど分からない》

《さすがに一瞬過ぎません?》

《HIKAKINさんをノーセリフで登場させるドクターX鬼か》

《手術中だから酸素マスクしてるし誰だか分からない》

《メガネ外してたから分からんかったわ》

《一生懸命見た結果コレかよ》


何はともあれ、宣伝効果はバツグンだったようだ。




関連記事(外部サイト)