『ドッキリGP』森脇健児の“寝顔”に冷めた声「ヤラセ全開で笑えない」

『ドッキリGP』森脇健児の“寝顔”に冷めた声「ヤラセ全開で笑えない」

『ドッキリGP』森脇健児の“寝顔”に冷めた声「ヤラセ全開で笑えない」の画像

11月16日放送の『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)で行われたドッキリが、あまりにヤラセくさい≠ニ視聴者を冷めさせた。



同番組でしょっちゅうドッキリを仕掛けられるタレントの森脇健児は、とんでもない寝顔やいびきの持ち主。これまでにもたびたび寝起きドッキリで、その寝顔をウオッチされている。前回行われたドッキリでも、富士登山をして疲れ切った夜に壮絶ないびきと寝顔を見せ、番組は今回も森脇の寝顔を撮るべくドッキリを仕掛けていった。


撮影日となったのは、他局で放送されている『オールスター感謝祭』(TBS系)の生放送日。スタッフは、森脇が同番組の『赤坂5丁目ミニマラソン』に何カ月も前からトレーニングをして臨むほど懸けている点を利用し、マラソンで疲れた森脇に打ち上げで酒を飲ませ、疲労と酔いでぐっすりと眠れる環境を作ってドッキリに臨んだ。



あまりのわざとらしさに視聴者興ざめ

森脇はもくろみ通りすぐに就寝したが、あまりにも寝相が悪いため、別室でウオッチしていたスタッフは寝たかどうかを判別できず。そこで、カメラが部屋に潜入して実際の様子を撮影に向かうと、森脇は目を開けながらいびきをかく凄まじい顔で眠りについていた。さらに、森脇はいびきをかくときだけ顔を上に向ける謎のリズムで寝ており、字幕によるとこの状態は15分も続いたとのこと。その後、寝起きバズーカの爆音で目覚めたが、驚きのあまり布団から転がっていくナイスリアクションも見せている。


期待に違わぬ寝顔でスタジオを笑わせた森脇だったが、目を見開きながら変顔のような顔で眠る姿には、ネット上で、


《分かりやすいこんなウソ寝よく放送しますね》

《森脇健児の寝顔はヤラセくさいから見てて冷める》

《一気にシラケて見るのやめた》

《ホンマ森脇の寝顔ヤラセ全開でクソほどおもんない》

《わざとらし過ぎるだろ》

《森脇健児の寝顔はわざとらし過ぎて笑えない そんなワケないでしょ》

《森脇健児の衝撃の寝顔って これホントに爆睡してるの!?》


などとヤラセ≠疑う声が続出。あまりにオーバーなリアクションが、視聴者を一気に冷めさせてしまったようだ。


「フジテレビの番組情報を伝える同局公式サイト『マスカット』では、同ドッキリの紹介文に《森脇はこの番組で寝顔を撮影された際、その形相があまりにも恐ろしく「ヤバ過ぎる!」「ヤラセでは?」などと、ネットが騒然となった衝撃的な寝顔の持ち主》と記載しています。ヤラセが疑われていることは把握しているようですが、実際にどうなのかは制作サイドのみ知るところです」(テレビ雑誌編集者)


寝相の悪い芸能人といえば、『安田大サーカス』のクロちゃんもなかなかの人物。ここはぜひ、他番組で『クロちゃんより寝相が悪い芸能人、森脇健児説』と、ヤラセなしの検証を行ってほしいものだ。



【画像】


WAYHOME studio / Shutterstock



関連記事(外部サイト)