松本人志“娘とお風呂”の悩みに賛否「キモ過ぎる」「男親は意識してそう」

松本人志“娘とお風呂”の悩みに賛否「キモ過ぎる」「男親は意識してそう」

画/彩賀ゆう

11月21日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、『ダウンタウン』の松本人志が今年10歳になる娘との子育てエピソードを披露。しかし、ネット上では「心底気持ち悪い」「そういうのは心の中にしまっとけ」などと、嫌悪する声が上がっている。



今回は「ダウンタウンVS 24人の女たち」というテーマで、スタジオにはタレントの久本雅美やスザンヌら独身組と、辻希美や『クワバタオハラ』小原正子など既婚組がそれぞれ集結。2時間スペシャルともあって軽快にトークが弾んでいった。


そんな中、小原は、夫で野球解説者のマック鈴木氏にライオンのかぶり物をかぶらせて子どもたちを叱ってもらうという、独自の怒り方を紹介。小原から子どもを叱るか尋ねられた松本は、「ボクは娘に叱ったことはほぼゼロだね」と言いにくそうに告白し、「めちゃくちゃ嫌われたくない父親じゃないですか」とツッコまれた。


また、女優の釈由美子から娘とのお風呂≠ノついて尋ねられると、「お風呂は何度か入りました」と答え、「でも、下≠ェ見れないのよね。見たらアカンような気がしない? だから(体を)拭いてあげるときも、下の方はあんまり…何か気になるのね」と、男親ならではの葛藤を明かした。



“娘とお風呂”は男親の永遠のテーマ

この発言に対して、視聴者からは、


《意識してることが、心底気持ち悪い》

《発想がキモいと思った 娘相手に何を!?》

《これは後で奥さんに怒られる案件》

《そういうのは心の中にしまっとけや》

《テレビでペラペラしゃべられる娘の気持ちも考えろ》


などと、嫌悪する声が上がっている。その一方で、


《言わないだけで男親は意識してそう》

《とあるアーティストも娘のオムツ変えるときに見ちゃいけないって思ってサササッて拭いたって言ってた》

《何がキモいのか意味不明。女性のデリケートな部分なんだから異性がどうすれば良いのか分からないのは当たり前だと思うんだけど》

《友達の旦那さんも洗うときためらうみたいなこと言ってたよ》


などといった声も上がっている。


人の子育てについて、他人が口出すものではないようだ。




関連記事(外部サイト)