前科アリEXIT兼近の『逃走中』出演に皮肉! 相方の言葉が“ピッタリ”過ぎ…

前科アリEXIT兼近の『逃走中』出演に皮肉! 相方の言葉が“ピッタリ”過ぎ…

前科アリEXIT兼近の『逃走中』出演に皮肉! 相方の言葉が“ピッタリ”過ぎ…の画像

11月23日放送の『逃走中15周年記念! 50周年のサザエさんとコラボSP』(フジテレビ系)に、若手人気お笑いコンビ『EXIT』の兼近大樹が出演。視聴者からイジリ≠受けてしまった。



同番組は、出演者たちが逃走者という設定のもと、追ってくるハンターからの逃走成功≠目指すゲームバラエティー。ハンターに確保されると失格となって牢獄に入れられるが、最後まで逃げ切ると1秒毎に積み立てられた賞金を獲得することができる。


視聴者からのツッコミが上がったのは、この番組上の設定と、兼近の過去≠ニの組み合わせだ。兼近は今年9月の『週刊文春』により、2011年に売春防止法違反で逮捕され罰金刑を受け、翌年8月には現金1000万円入りの金庫を盗んだ窃盗容疑で逮捕(後に不起訴)されていたことが発覚。いずれも芸能界入り前のスキャンダルだったが、いい人の闇の部分≠ニいうことで、世間には衝撃が走っていた。



「アイツが捕まるはずねぇんだよ」

こうした背景があるため、この日の放送では兼近が逃走・牢獄入りするという番組上の設定を面白く感じてしまった視聴者もいたよう。ネット上には、


《兼近、今度は逃げ切れよー》

《1000万盗んで警察と逃走中やったから慣れたもんやろ》

《兼近は実践経験◎》

《警察とハンターに捕まった男》

《逃げ慣れてるわ》


など、兼近をイジる書き込みが見られた。さらに、兼近がハンターに確保され、この一報を聞いた相方・りんたろー。が「嘘だろ…アイツが捕まるはずねぇんだよ」とコメントした際には、


《相方のコメント草》

《りんたろーの「あいつが捕まるはずない」というコメントをオンエアしたのは狙いだったんだろうなw》

《逃走中で確保された兼近に相方が「あいつが捕まるはずねえんだ……」って言うの、あれギャグとか皮肉だよね?》


などとツッコむ書き込みも。設定と過去がマッチしているだけに、あらぬ聞こえ方をする視聴者もいたようだ。


ピエール瀧、田代まさし、沢尻エリカといった今年のお騒がせ有名人も、「逃走中」で芸能界復帰すれば話題になること間違いなしだろう。



【画像】


DenisKavyar / Shutterstock



関連記事(外部サイト)