オードリー若林の“ニオわせ婚”に称賛「ニオわせじゃなくて伏線だ!」

オードリー若林の“ニオわせ婚”に称賛「ニオわせじゃなくて伏線だ!」

オードリー若林の“ニオわせ婚”に称賛「ニオわせじゃなくて伏線だ!」の画像

ブログやSNSなどで、芸能人との交際をほのめかす行為をニオわせ≠ニいう。ジャニーズタレントと交際している女性がよくこれをやって炎上しているが、何と先日結婚を発表した『オードリー』若林正恭もニオわせ行為をしていたのではと、ネット上で話題になっている。



11月23日のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、15歳年下の看護師の一般女性と交際期間3カ月のスピード婚を報告した若林。


「今年4月に放送された『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』で、岡村が『僕、嫁がおると思うんですよね』『僕には嫁、見えてるんですよ』と架空の嫁≠フ存在を明かし、視聴者をドン引きさせていました。すると後日、若林はこのネタに乗じて『ついに見えてきた』と架空の嫁≠フ誕生を告白。以降、数々の嫁エピソードが語られるのですが、大多数のリスナーは、まさか実在の嫁≠フ話だとは思わず岡村の二番煎じか≠ュらいにしか思っていなかったようです」(芸能ライター)


去る8月31日の放送回で、家に帰れば『ただいまと言う』と口をすべらせた℃癡ムに、相方の春日俊彰は「誰にただいまって言ってんだよ」とすかさずツッコミ。すると、若林は焦ったのか「いないはずの嫁の声が聞こえる」と岡村ネタ≠ナとっさにごまかす…。また、番組で共演している『日向坂46』の9月下旬に開催されたライブの際、妻を連れていった春日に対し、若林は「姉と行く」と強調し「俺は置いてきたんだ嫁を家に」と不満を漏らしたことも。そして、11月2日の放送で、若林は「環境を変えるために引っ越しをした」と話していたが、フタを開けて見ると、これは結婚相手と暮らすための引っ越しだったようだ。



これは見事な伏線回収

こうして結婚まで数々のニオわせ≠連発してきた若林に、ネット上では、


《冷静に考えると付き合ってるときにニオわせ行為してて、いい夫婦の日に結婚するとかモデルかなんかか!と突っ込みたくなる》

《若林もニオわせ野郎かよ。若林もあいつと同レベ》


などといった声が上がる一方で、


《若林さんはニオわせの天才だった??》

《いざというときの発表の前にファンやリアコ女へあらかじめ免疫をつけてたと考えたら、自分のことを応援してくれる人たちに誠実に向き合ってのそれだし、思いやりのニオわせもあるのだなとすら思う》

《若林さん最近妄想嫁トークしてるなーと思ってたら普通にニオわせだったのめちゃくちゃ笑ってしまった》

《ラジオ内でよくしてた、架空の嫁が見えるって話の伏線が見事に回収された》

《若林はニオわせじゃなくて伏線》


などといった称賛の声も上がっている。


これからは、ニオわせ≠伏線≠ニ言ってあげたい。




関連記事(外部サイト)