沢尻エリカ“衝撃の過去私服”が連日ワイドショーにさらされて…

沢尻エリカ“衝撃の過去私服”が連日ワイドショーにさらされて…

沢尻エリカ“衝撃の過去私服”が連日ワイドショーにさらされて…の画像

合成麻薬MDMAを所持していたとして女優の沢尻エリカ容疑者が逮捕されてから約半月。出演予定だった大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)の降板と代役決定に関することや、新たな証言などが連日ワイドショーをにぎわせているが、それらの報道とともに過去の私服姿≠ェ用いられては、あまりのダサさ≠ノ衝撃を受ける声が相次いでいるようだ。



「安室奈美恵の大ファンで、芸能界入りのきっかけも安室と公言している沢尻は、アムラー≠セったためか、私服も自然と派手な色や柄をよく取り入れているようです。最初に話題になったのは、2009年ごろに元夫でハイパーメディアクリエイターの高城剛氏とともに撮られたコーディネートで、テンガロンハットにふわふわのファーが付いたイカツイ<Aウター、ダメージデニムというもの。アウターの中には、ショッキングピンクでひよこのキャラクターが描かれたインナーを着用しており、この途方もないセンスに世間はひっくり返りました」(芸能ライター)


しかし、まだこれは序章に過ぎなかったようで…。


「その後も、誰よりも大きなつばの女優帽を着用したり、小学生女児が着るような赤いお花のワッペンが施されているデニムスカートに赤いお花柄のトートバッグを合わせたりなど、独特のセンスを発揮。時には、かの政治家・井脇ノブ子が着ていそうなピンク色のジャケットにブルージーンズ姿で銀座の裏通りを堂々と歩き、親友の片瀬那奈とグループデートの際にはblind for Love≠ニいう文字があしらわれた上着を着ていました。しかも、この恋は盲目¥纈、何と高級ブランド『GUCCI』のもので、お値段50万円超とのこと。財力も美しい美貌も持ち合わせているのは間違いないのですが…」(同・ライター)



「見るたび見るたび私服がクソダサい」

そんな沢尻の過去の私服写真が、逮捕報道によって蒸し返される≠ニ、それまで知らなかった人たちからは、


《一連の報道で、沢尻エリカの私服のセンスには、何だかがっかりしたなぁ》

《毎日沢尻エリカのニュースやってるんだけど、見るたび見るたび私服がクソダサくない? クラブでもフェスでもあんな露出してるのダサ過ぎ…》

《昔の映像とか流れるの見ると私服?が何か古いっていうか…その当時流行してたにしては、実年齢より上の方が着るような服着とるよ〜な違和感しかない》

《テレビで沢尻エリカの過去映像めっちゃ出てるけど 公の場でも私服もどれもダサくてww》

《沢尻エリカの私服毎回1人でザワザワしてたけど、同じふうに思ってる人たくさんいた》


などと、衝撃を受ける声が続出している。


意外な形で辱めを受けていることを、沢尻は知っているのだろうか…。




関連記事(外部サイト)