美少女へのセクハラ企画!『ドッキリGP』に批判「最低だな」「くそキモい」

美少女へのセクハラ企画!『ドッキリGP』に批判「最低だな」「くそキモい」

美少女へのセクハラ企画!『ドッキリGP』に批判「最低だな」「くそキモい」の画像

11月30日に放送された『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)の1ドッキリが、視聴者の間に「キモすぎる」などと嫌悪感を広げた。



問題となったのは、以前に放送され、ごく一部で好評≠博したという『秒で「その服、私の…」』というドッキリ。ピン芸人の永野がターゲットの私服を着て登場し、どんな反応をするかを楽しむというものだ。この日最初のターゲットになったのは、ファッション誌『Popteen』で活躍する人気モデル・浪花ほのか。まずは私服で打ち合わせをしたのち衣装に着替え、スタッフが残った私服をマネージャーから拝借して永野に着用させた。


そして、偽番組のロケで浪花がゲストをコールすると、ここで浪花の私服を着た永野が本人の前に登場。すると、浪花は「何で!?怖い!」「ヤダヤダ脇汗ヤダ!」と絶叫しながら嫌悪感を示し、続いてのターゲットとなった中野恵那も「私が今日初めて着た服なんですよ!?」と呆れたような様子を浮かべた。



「普通にキモイ」「嫌がってる子はほんとに可哀想」

続くターゲット・土屋怜菜はドン引きのあまり言葉すら発さず、15歳のモデル・筒井結愛は、永野のツバが私服の袖につくという洗礼を浴びることに。好意的な反応を浮かべたのは莉子だけで、彼女は嫌悪感よりも「ドッキリGP」出演の嬉しさが勝ったと永野とハグを交わしていった。


しかし、莉子以外のターゲットは悲鳴やドン引きで悲痛さをあらわにしていたため、ネット上には


《モデルの私服を勝手に着用ってこれ結構問題になると思うんだけど大丈夫なのかな?》

《おっさんが若い子の私服勝手に着るのだいぶ無理》

《喜んでた人は別にいいかもだけど、嫌がってる子はほんとに可哀想》

《これドッキリにしては悪辣じゃん……何の仕込みも無いのだとしたら最低だな》

《普通にキモイ 企画提案した方もきもい 性格狂っとるやろ》

《永野がモデルの私服勝手に着るヤツくそキモいな 誰が考えるんだろきっしょ》

《流石に15歳の女の子の私服着るドッキリは見ていて嫌だな……》


といった声が。視聴者の多くは、ドッキリの笑い要素よりもターゲットへの同情が上回ったようだ。


このままシリーズ化しそうな気配の同ドッキリだが、今後も続いていくのだろうか。




関連記事(外部サイト)