『EXIT』りんたろー。の“クソマジメ”を加藤浩次が大絶賛!

『EXIT』りんたろー。の“クソマジメ”を加藤浩次が大絶賛!

『EXIT』りんたろー。の“クソマジメ”を加藤浩次が大絶賛!の画像

11月30日放送のラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ!〜集まれヤンヤン〜』(MBS)で、『極楽とんぼ』の加藤浩次が後輩のお笑いコンビ、『EXIT』のりんたろー。を大絶賛したことが話題になっている。



『EXIT』は『ベイビーギャング』を解散した後、ピン芸人として活動していたりんたろー。が、兼近大樹に声を掛けたことがきっかけで2017年12月に結成された。結成直後から、チャラ男キャラでしゃべくり漫才を行うスタイルが人気になり、今や、お笑い第7世代≠フ中心コンビとして大活躍している。


加藤は「りんたろー。君って優秀な子だね。めちゃくちゃ優秀じゃない?」とコメント。『ベイビーギャング』時代、相方の北見寛明が無免許運転で執行猶予中だったにもかかわらず再犯が発覚し、りんたろー。も謹慎処分を下されたことを踏まえて「いや、スゴいよ、だから。2回ちゃんと売れたみたいなことだよね」と大絶賛だった。


「EXITを結成してすぐにブレークしたため、周囲からは偶然、強運などといわれていますが、ベイビーギャング時代も大人気でしたからね。さらに、北見が事務所を解雇された後は、1年ほどピンで漫談をやっていたんですが、このときもめちゃくちゃ面白かったんです。EXITを結成した後は、兼近のキャラクターを立たせるためにチャラ男<Lャラを考案し、必死にチャラい用語も勉強したと言います。性格も真面目で先輩芸人からのウケもかなりいいですよ」(お笑いライター)



相方の不祥事にもきちんと向き合う姿勢が評価

ラジオ番組のリスナーからは、


《りんたろー。本当は超マジメだったんだな。見直したわ》

《2つのコンビをブレークさせ、ピンでもバトルライブ駆け上がるってすごくね?》

《北見、兼近と相方の不祥事に見舞われてるけど、頑張ってほしい》

《兼近の犯罪歴が明らかになったときもコンビ愛を見せていたしね。好感度MAX》


など、りんたろー。を絶賛する声が殺到している。


「兼近の犯罪歴が週刊誌に暴露されたときも、りんたろー。は『過去は決して変えられないけど、その過去を悔い改め応援されるよう今を歩むことはできるはず』とツイッターにつづり、兼近と一緒にガンバル姿勢を見せました。旧世代の芸人だったらうやむやにしてしまうようなことも、きちんと謝罪することで、結果的にファンに受け入れられたんだと思います。闇営業など、不祥事が続いているお笑い界ですが、EXITには無縁でしょうね」(同・ライター)


まさかの天才≠ヤりが明らかになったりんたろー。ダウンタウンやウッチャンナンチャン、ナインティナインら一世を風靡した先輩芸人たちに追い付く日も近いかもしれない。




関連記事(外部サイト)